「結婚披露宴にて、なぜCD音源は再生可能で、itunes等の配信曲データは再生を断られるのか」について、私なりに考えてみた。

やあやあ、能ある鷹h氏(@noaru_takahshi)だよ。

2016/01/13に読売新聞でこんな記事を読みました。

CDはOKなのに…披露宴で配信曲、使えません

インターネットによる音楽配信サービスの利用者が増える中、披露宴などで配信曲を流そうとし、結婚式場から断られるケースが相次いでいる。

配信曲の式場での無断使用が著作権侵害とされているためで、利用者からは「CDと同じように正規購入した曲なのに、配信曲だけ使えないのはおかしい」との声も上がっている。

「この曲は使えないので、CDを買って持って来てください」。友人の結婚披露宴で余興を頼まれた東京都内の女性は、式場担当者からそう言われて戸惑った。

使用を断られたのは、ネット上の配信サイトから有料でダウンロードした音楽データ。

女性は

「最近はネット配信限定の曲も多い。CDと同じように買った曲なのに、

友人の披露宴で使うことが著作権侵害と言われても違和感しかない」と不満を語る。

うんうん、これは鷹h氏も前々から不思議に思っていたことです。

我々が結婚式でBGMを選んだ時も、同じ経験があります。

披露宴の音楽打ち合わせ時、流したい曲のリストを作成し、音楽担当の方に渡しました。

ざっとリストをチェックして、担当者が一言。

この曲とこの曲は当社に音源がないので、当日までにCDを購入して持ってきてください。

え、ダウンロードで購入したデータはダメなの?もう買っちゃったんですけど。

式場担当者からの回答は、

著作権の関係で、当式場ではデータでの音楽の受け渡しは出来ないんです。

全然納得できなくて、文句を言っていたのですが、

音楽担当者としてもこのルールには疑問を持っているとも一言添えて頂き、止む無くCDを購入することに。(データは既に購入しているのに!)

不特定多数の場で音楽を流すのならまだしも、結婚披露宴という極めて限定された場でも、著作権のルールが適用されるのか。CDを流すのは良くて、データ配信はなぜダメなのか。JASRACの解釈はどうなっているの??納得のいく回答が欲しい!

 

この問題、調べてみたら、意外と結婚式BGM著作権問題に関する事例が多いみたいで面白かったので、法律関係には全くの不勉強な私が、JASRACルールについてちょっと掘り下げてみました。



– sponsored link –

披露宴って私的使用の範囲ではないの?

一般社団法人音楽特定利用促進機構によれば、

著作権法では、「個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること」(=私的使用)を目的とする場合は、その使用する者が権利者の許可なく著作物を複製できるとされています。この点、招待客が列席するウェディングシーンは「私的使用」の範囲を超えるため、別途権利者への手続きが必要となります。

とのこと。人数が限られているとはいえ、披露宴での曲の使用は、家庭内よりも大きな範囲内ということで、「私的利用」には当たらないということですね。

じゃあ、そもそも大人数が集まる場で個人購入のCD音源を使用してもよいの?

J-CASTニュースによれば、

許諾契約結んだ式場で市販CDの曲流すなら「無料」

日本音楽著作権協会(JASRAC)のウェブサイトには、各種施設で音楽を利用する際の手続きについて書かれている。結婚式場は「ホテル、旅館、民宿などの宿泊施設」に含まれていた。楽曲の生演奏、CDやカラオケを流す、自動演奏の楽器を使うといった演奏方法の違いや、場所の広さや座席数といった使用環境の違いに応じて、料金が算出されている。この支払規定に沿って、式場側とJASRACの間で包括的、あるいは曲ごとに許諾契約が交わされる。

では、例えば新郎新婦が、披露宴でBGMを流す場合に市販のCD数枚を式場に持参して、「入場時にはこのCDの1曲目、乾杯の後は別のCDの4曲目……」と指定した場合、それぞれの楽曲演奏に著作権使用料は発生するのか。JASRACに取材すると、「許諾契約を結んでいる式場での使用であれば、個人が市販のCDを持ち込んで披露宴で流しても、(JASRACに対する個人の)支払いは生じません」と回答した。逆に許諾を得ていない会場での使用は、著作権使用料が発生する。とは言え、大手のホテルや式場であれば、まず契約していると考えてよさそうだ。

なるほど。許諾契約料をホテル側が支払っているので、市販のCDを使用する場合には、個人的に著作権使用料を支払う必要はないということですね。

じゃあ、なんで配信データ音源は使用不可なの?

JASRACのサイトには、

手続きが不要な「複製」について

市販のCDに収録された曲やダウンロードした曲をCD-R、DVD-Rなどの記録媒体にコピーすること、また楽曲が流れている場面をビデオカメラで録画したり、映像を編集してBGMを入れたりすることなどを音楽著作物の「複製」といいます。

著作権法第30条(私的使用のための複製)では、“個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用する”目的であれば、それを使用する者が手続きなく「複製」できるとしています。

<あてはまる例>

・披露宴の様子を、家族が自らの記念のためにホームビデオで撮影する。

<あてはまらない例>

・新郎新婦の友人が参列者に配布する目的で、楽曲が流された披露宴の様子をビデオで録画し、DVDにコピーする。

・音響・映像事業者が、披露宴で流すためのBGM用CDや楽曲が入ったプロフィールビデオを製作する。

との記載があります。「ダウンロードした曲をCD-R、DVD-Rなどの記録媒体にコピーすること」は音楽著作物の「複製」にあたるということですね。

さらに、一般社団法人音楽特定利用促進機構によれば、

ウェディングシーンでの音楽複製は権利者の許諾が必要です。

結婚式や披露宴で市販CDの楽曲を複製利用するには、権利処理の手続きをしなければいけません。

「結婚式や披露宴で流すBGM用にお気に入りの楽曲を集めて1枚のCDに収録する」「プロフィールムービーなど、当日会場で上映する映像作品に楽曲を利用する」「結婚式や披露宴を撮影した記録映像に、会場で使用したBGMなどの楽曲とともにDVDに収録する」のように、市販のCDから楽曲をコピー(複製)する場合は、著作権と著作隣接権の両方の手続きが必要です。著作権・著作隣接権の手続きをせず無断でCDやDVDなどの記録メディアに録音・録画すると、作品を制作した事業者や、ケースによっては新郎新婦が著作権侵害に問われます。

との記載があります。要するに、ダウンロードした曲を、披露宴で、複製利用する場合には、権利処理(著作権使用料等の支払い)が必要ですよ。ということですね。

じゃあ、「複製利用」しなきゃよいのでは。

CDなどに焼き直すから「複製利用」にあたる訳であって、

例えば、iPhoneに正規にダウンロードしたデータをiPhoneから再生するとか、そういった操作があれば「複製利用」にあたらないのではないか。

と思うのですが、どうなのでしょうか。ここで行き詰りました。

ここから個人的な想像。

結婚式のような大人数が集まる会場での使用の場合は、個人利用とは別の扱いになるという理屈は、一応納得できます。

CDの再生は、式場がJASRACと使用する契約結んでいるから使用可能ということも理解しました。

ここからは想像ですが、配信曲が使用不可ということについては、配信曲については著作権者と著作隣接権者(レコード会社や歌手・演奏者)の間で使用許諾を得てないからでないかなと推測します。

配信曲は、CDとは違い、そもそも包括契約でライセンス使用できる著作物になっておらず、有線等の店舗内使用とも扱いが異なります。

なので、配信曲は購入(ダウンロード)時に購入者と配信者の間で制約の多い規約に同意しており、披露宴のような不特定多数の場での再生は不可で、CDの場合は今更そんな同意を購入者と締結することは不可能だから、再生して大丈夫、みたいな。

でもそうだとすると、CDを私的に複製したCDまで披露宴で利用不可なのは謎のままですね。うーむ、わからない。全然関係ないかもしれません。

最後に!!

なんにせよ、音楽の力は絶大で、結婚披露宴に、ムードを盛り上げる音楽は欠かせません。

せっかくの晴れ舞台。新郎新婦が会場の入退場時や、ケーキ入刀時、花嫁の手紙の演出に、自分たちで選んだお気に入りの曲を用意したいという気持ちはどなたにもあると思います。

CD数枚買わされるくらいでつべこべ言うなという気持ちもありながら、アルバムにしか入っていない曲だったり、そもそもダウンロード購入しかできない配信限定曲が増加したりしている昨今、早めにDL購入曲についても、披露宴で使用可能にしてほしいなあと思う今日この頃であります。

 

ちなみに私たちが披露宴で使用した曲は以下の記事にまとめてあります。

結婚式披露宴のBGMどうする?結婚式で実際に私たちが使った曲をご紹介。

- sponsored link -

鷹h氏 (@noaru_takahshi) の戯言

鷹h氏
著作権問題は根が深そうなので、素人が意見を言うのは難しそうですが、最終的には大多数が納得のいく法整備になっていてほしいです。

オススメ記事

10 件のコメント

  • はじめまして。
    ちょうどわたしもこのあたりの話を調べており、思わずコメントしてしまいました^^;

    DL購入の楽曲が使用NGなのは、おっしゃっている通り、配信サイト側で私的利用以外を禁止しているからだとおもいます。
    ジャスラックのサイトを見てもそう書いてありますね。

    個人で複製したCDの使用がNGなのではなく、必要なところに利用申請して所定の使用料を払えば使用OKなはずです。ごめんなさいわたしも勉強中なので断言できず…

    個人で「私的」に複製したものは私的利用の範囲でしかお金を払わず使えないので、使用料が発生するのは仕方ないですね;(

    ちなみに、披露宴が私的利用の範囲を越えてるって話はジャスラックどうのこうのというより
    現行の著作権法を読むと「公衆」を「不特定かつ多数、または特定かつ多数」と定義しているので、披露宴は確かに多数のひとの前で音楽を使用するよな、と、素直に納得できる気がします。(ここはもうご納得されてるので余計な話ですみません)

    • >Takarai様
      コメントありがとうございます。
      やはりDL曲の使用NGは配信サイト側の問題なのですね。。。
      なるほど、「特定かつ多数」も公衆の定義に入るとすれば確かに披露宴もアウトですね。
      ただやっぱり個人的にいえば、披露宴って人生で一回限りでかつ百人に満たない会のことがほとんどなので、
      私的利用の範囲を超えているのは目をつむってもらってもいいんじゃないかなーと思ったりします。。
      配信サイト側で「披露宴でも流せる用音源」として+αの値段になってもよいので、配信してもらえたらもっと便利になるのになとも思います。
      (私的利用のみ可の楽曲と区別ができないので難しいとは思いますが・・・)

  • はじめまして。
    私は来年結婚式を控えるモノで、披露宴を行うにあたり使用する楽曲について著作権云々についていろいろ調べたところこちらのブログに辿り着き、分かりやすい解説が記載されていたので大変参考になりました。(どうにかならないかなと思っています。)

    直球な質問で大変恐縮ですが、別の記事で披露宴や、2次会に使用した楽曲を掲載していましたが、本番の会場で楽曲を使用した際の対応(申請や手続き等)についてどうされたかを是非参考にさせていただきたいのですが、教えていただくことはできますでしょうか。

    • >gosta様
      コメントありがとうございます。
      披露宴・2次会について、音響担当の会社で版権の契約している楽曲データベースについては無料で使用可能とのことでしたが、
      そのデータベースに含まれている曲は往年の曲が多かったので、一部そちらを使用し、それ以外の曲については別途こちらでCDを購入しました。
      やはりitunesで購入した曲は再生不可とのことでしたので、同じ曲を購入するのはもったないない感じもしましたが、好きな曲を流したいという一心で泣く泣くCDを購入しました。

  • >鷹h氏様
    ご回答ありがとうございました。(ご返信が遅くなり申し訳ございません。)
    入場や退場等の曲を流すのみであれば、能ある鷹h氏さんの式場と同様で、CDを買い楽曲を流すことは可能だと我々が実際行う式場と確認が取れました。

    追加で確認させていただきたいのですが、
    当ブログにて曲紹介の中にプロフィールムービー等で曲を流した実績があるようですが、これはどのように流したのでしょうか。
    自作のムービーと使用した楽曲を同じ媒体にコピーして使用したとすると、当記事に記載の通り複製権に関わることになると思いまして。その複製権をクリアするために申請や手続きをご自身で行った経緯がありましたらお教えいただけたら幸いです。(当方も自作でムービーを作成し著作権のある曲を流したいと考えています。)

    • >gosta様
      コメントありがとうございます。
      プロフィールムービー等についても、データ内に複製した音源を入れ込んでいるので複製権に関する事項と思います。
      ムービーの音楽はCDで流すわけではありませんが、こちらも同様に別途CDを購入し、当日に担当の方にお渡しすることで式場の了解を得ました。

      • >鷹h氏様
        回答ありがとうございました。

        >ムービーの音楽はCDで流すわけではありませんが、こちらも同様に別途CDを購入し、当日に担当の方にお渡し>することで式場の了解を得ました。

        繰り返しの質問で大変恐縮ですが、実際に式場ではどういう形式で映像と音楽を上映したのでしょうか。

        • gosta様
          音響担当の方にお任せでしたので当日の再生方法については不確かなところもあるのですが、
          映像については音楽のタイミングもあったので、映像にBGMを入れ込んだ状態でDVDを作成し、再生してもらいました。
          ただし著作権の関係上、映像に入れ込んだBGMのCDを別途用意したということです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です