ゲーム有、ライブ有、サプライズ有。私たちの結婚式2次会プログラムをご紹介。

0002_original結婚式2次会のプログラム作りって、結構骨が折れますよね。

幹事さんはもちろんのこと、余興を行う友人や、新郎新婦にも相当な労力がかかります。

当日までの準備段階の記事はこちら。(結婚式2次会の準備どうする?当日までの流れをご紹介。)

今回は、当日どのような形で2次会が進行していったかについて、メモします。

開会からお開きまで正味2時間のスケジュール。



- sponsored link -


盛り上がりのポイント

2次会の演出として、「オープニング」「中締め」「エンディング」という3つの盛り上がりを意識するとうまくいきやすいという話があります。

3つの山場を段々と盛り上げていくことで最終的に参加者に来てよかったと思ってもらえる会になりやすいそうです。

我々は、

  • オープニング(登場の仕方)⇒参加者との思い出の写真を集めて演出動画
  • 中盤の山場⇒新婦のバンド演奏
  • クライマックス⇒新郎から新婦へのサプライズ演出

と位置づけて準備をしました。

当日の2次会の流れ

それでは実際の流れを紹介。時間は大体のイメージです。

17:00〜設営準備

披露宴が終了したのが、15:45。

会場に入れるのが17:00の予定だったため、事前準備の時間は約1時間。

幹事を依頼した友人全員を披露宴に招待していたため、ウェルカムボード・会場装花・ウェルカムドール等の小物は、幹事にお願いして2次会会場に移動してもらいました。

その他、当日必要になるものは事前に会場に送っておきました。

17:30〜開場

17:30より開場。出席者は受付を済ませ、チェキ撮影をしてもらうことにしました。

チェキ係は会社の後輩に頼みました。

90名ほどのチェキ撮影だったのですが、チェキ2台で大きなトラブルもなく。受付を済ませることが出来ました。

18:15〜開演(オープニング)

18時開演の予定だったのですが、思ったより出席者が集まらない+新郎新婦の準備が手間取っていることから、18:15に開演としました。

幹事と密に電話でやりとりをしながら入場時間の調整を行いました。

入場曲はももクロの「overture」。動画は本家のパロディです。

もうちょっと盛り上がるかと思ったのですが、映像もフルサイズで長すぎたのか、ガチすぎて引かれたのか、意外としれっと流されてしまいました。。これは残念。

18:25〜 ケーキカット

披露宴でもケーキカットをやったので、これはやる必要があるかかなり迷ったのですが、一応やりました。

無難に新郎が生クリームまみれになったところで、歓談。

18:40〜 ゲーム

事前に決めていた4チームに参加してもらい、チーム戦としました。

0017_original

投票ボックスを準備し、事前に撮影したチェキを応援したいチームに投票する形に。

ゲーム内容は、

1回戦「かき氷早食い選手権」。一番遅かったチームが脱落。

2回戦「マシュマロキャッチ選手権」。一番数が少なかったチームが脱落。

残り2チームとなり、特別ゲストとして、新郎新婦チームが参戦。

3回戦「哺乳瓶早飲み選手権」。一番早かったチームが優勝。そのチームに投票した人から景品の抽選。

ただ、哺乳瓶早飲みが予想以上に難しく、事前調整をしていなかったため、大混乱を生んでしまいました。。。

というのも、哺乳瓶を扱い慣れているチームがものの数十秒で終了。

ところが、それ以外のチームは、全く進まず、かつ牛乳がフルに入っていたため、5分以上飲み続けるという悲惨な結果に。。。飲み終わらないと終了できないし、かつ観客は飽きるしで大変でした。。。

哺乳瓶早飲みは、事前調整の上やった方がよいかと。

19:00〜新婦ライブ(中盤の山場)

以前からバンドを組んでいた新婦。メンバーとともにライブを披露しました。

パワーのある声量と高音で会場を沸かせます。

「マニフェスト/Superfly」と「やさしさで溢れるように/JUJU」の2曲を披露。

忙しい仕事の合間を縫っての練習、本当にご苦労様でした。とても痺れました。

19:35〜ブーケプルズ

神前式で挙式だったので、ブーケトスをするタイミングがなく、2次会で実施しました。

開場の天井が低かったので、ブーケプルズとしました。

意外と友人の2次会でも見たことないプログラムだったので、やってみました。

その時間を利用して、新郎はサプライズのため控室へ。

19:45〜新郎サプライズ(クライマックス)

新婦をプロジェクタの前に座らせて、会場を消灯。映像再生開始。

会場が静まりかえる。

内容は、再プロポーズのために、単身赴任している仙台から、新婦のいる東京、新婦ご両親のいる札幌に向かい、新婦のプレゼントを作って渡すというもの。

ロケ地は、3箇所だったので、日数は6日間くらい。動画編集は3週間くらいでしょうか。。

会場のみなさんも盛り上げてくれて無事成功。

会場に一体感があってとてもよかったですね。

19:50〜集合写真撮影、新郎新婦挨拶+退場

高揚した気分のまま退場。

プチギフトを渡して全員に挨拶。

あっという間の2時間でした。。。

最後に

本当は会場準備の段階で、業者の不手際により、

  • 前日に送ったプチギフトを紛失される。
  • 前日に送った新婦へのサプライズプレゼントを紛失される。

という2大チョンボをされており、幹事共々めちゃめちゃ焦るというトラブルがありましたが、それはまた別の話。

上記の内容があれば、2時間の枠で十分すぎるプログラムかと思います。

これから2次会の準備される方の参考となれば幸いです。


- sponsored link -


オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です