一級建築士に初受験でストレート合格する4つの心構え!

授業中、教科書を開くと落書きを始めてしまう鷹h氏(@noaru_takahshi)です。

なんだかんだ色々1年間苦しかったのですが、そんな私が昨年無事一級建築士を取得することができました。やっぱり苦しんだ分、合格した時はかなり嬉しかったですね。。。

学校の先生にも祝ってもらえるし、友人や会社の上司もおめでとうと声をかけてくれて幸せを感じました。

今回は、そんな1年間を振り返って、合格できたポイントについて考察してみたいと思います!



- sponsored link -


私がストレート合格できた4つのポイント

1.モチベーションを保つ

なぜあなたは一級建築士の資格をとりたいのでしょうか。

独立のため、昇進のため、転職のため、、、様々な動機があるかと思います。

いずれも自分の可能性を広げるために勉強を始めようと決意しますよね。

 

一級建築士の試験は、

7月末の「学科試験」、10月中旬の「製図試験」、12月の「合格発表」

というスケジュールですので、勉強始めはその年の冬からになるでしょう。1年がかりの相当長丁場の試験であるといえます。

 

いざ勉強を始めると、試験範囲は結構な量があります。

仕事との両立やプライベートとの両立の難しさから、すぐに当初のモチベーションがぐらついてきます。

モチベーションを保つコツとしては、

・自らリスクを負うことで勉強に対する強制力をつける

これに尽きると思います。

 

例えば、「資格学校に云十万円という額を支払うことによって後に引けない体制をつくる」。

S学院でもN学院でも大きな差はないと思いますが、通信教育でもとにかくお金を払うことでモチベーションを保つという方法はありだと思います。経済面の負担は大きいですが。背に腹は変えられない!

わたしは資格学校にお金を支払った怒りを糧に勉強していました!!!

 

独学としても、「今年受からなかったら●●する」という自分のルールを設けることでモチベーションを保つことが必要だと思います。

 

ちなみに、もし独学の方がいらっしゃいましたら、予備校のテキスト・問題集だけはオークションで買うなり、誰かからもらうなりしてください!

書店では詳しいテキストが売ってません。予備校のテキストを一通りマスターすれば、合格できますので、ちゃんと調達する必要があります。

2.素直になる

これは資格学校の先生からよく言われていたことです。

自分に自信のある人は、独自の勉強法で成果を上げてきた実績があるので、建築士の試験でも同様の方法をとります。つまり自分なりの方法で進めようとします。

しかし、特に製図試験では、独自の方法で手を動かしてもなかなか上達しません。(正確にいえば本試験で合格する図面に近づきません。)

柔軟に自分の意識を変え、合格している人に師事し、考え方を盗むことが重要だと思います。

技術的な話は、資格学校やネットで様々な方がノウハウを提供して下さっています。

わたしも多くの方のサイトを参考にさせて頂いておりました。

 

以下、よくアクセスして勉強させて頂いたサイトです。

 

3.ライバルをつくる

やっぱり一人で頑張るのは、結構辛いです。

同じ会社の人、同じ資格学校に通っている人、だれかをライバルにしてその人に負けないという気持ちで頑張るのが大事だと思います。

もし誰もいないのであれば、某大手匿名掲示板の一級建築士スレをたまに見るのもありかなと思いますw

誰かが同じ試験に向かって努力を続けているということを感じるだけでも、勉強に対するやる気って変わってくると思うのです。

4.努力は裏切らない

必ず合格する方法はどこにもありませんが、努力した人の方が努力していない人より必ず合格に近いステージにいます。

 

それだけは間違いありません。

 

絶対に自分に負けないという強い意志で、平日の夜も土日も努力を続けること。

一級建築士は体力勝負!!魂を燃やしてください。

 

具体のテクニック等は以下の記事をご参照くだされ。

一級建築士・製図試験に一発合格するための10のテクニック。合格解答も公開!

 

一級建築士・製図試験で絶対に役立つ7つ道具をご紹介!

 

どうか無事に合格を勝ち取って頂ければと思います!


- sponsored link -


鷹h氏 (@noaru_takahshi) の戯言

鷹h氏
毎日仕事もあるし、絶対勉強つらいですよね。。。資格とったらいいことあると思ってがんばりましょう。。。

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です