【目指せBMI22】身長176cm体重52kgから体重68kgを目指す!

やあやあ、大学生3年の頃、体重52kgで過ごしていた鷹h氏(@noaru_takahshi)だよ。。。

私の身長は176cmです。小さい頃からガリガリだと言われてきました。

でも社会人になった今、そんな舐められる生活からは脱却したい!!

ということで、私の筋トレの目標として、適正BMIである22となる体重68kgを1年間で目指します!!



- sponsored link -


BMIとはなにか

ご存知の方も多いと思いますが、BMI (Body Mass Index、ボディマス指数とは、体重と身長の関係から算出される、ヒトの肥満度を表す体格指数のことを指します。

BMI指数は以下の式で算出することができます。

BMI指数=体重(kg)÷(身長(m)× 身長(m))

日本肥満学会では、BMI:22の場合を標準体重としており、25以上の場合を肥満、18.5未満である場合を低体重としています。

日本肥満学会の肥満基準
(2000年)
状態 指標
低体重(痩せ型) 18.5未満
普通体重 18.5以上、25未満
肥満(1度) 25以上、30未満
肥満(2度) 30以上、35未満
肥満(3度) 35以上、40未満
肥満(4度) 40以上

なぜBMI22なのか

ちなみに私が一番痩せていた頃の身長176cmで体重52kgのBMI指数は16.79です。驚異的に痩せすぎですね。。

身長が176cmの適正体重は68kgとのことなのです。でも、病気っていうとなんとなく肥満の人の方がリスクがありそうに思えます。

なぜBMI22が標準体重に設定されているのでしょうか。

国立ガン研究センターが「日本人のBMIと死亡リスク」というテーマで興味深い研究を行っています。

CanPrev_st_outcome18_img002

BMIによる全死因および死因別の死亡のリスク(ハザード比)を男女別にグラフにしたものです。BMI23-25を基準(ハザード比=1)として、各BMIグループと比較した相対リスクが示されています。

この統計をみると、男性ではBMI23以下の痩せている方は、死亡リスクが高くなっていますね。特にBMI19未満の人の死亡リスクは圧倒的に高いのです。ガリガリだと死にやすいということですね。

さらに、がんや心臓病、脳梗塞等の関わりについて分析したものが以下です。

CanPrev_st_outcome18_img001BMIが23以下の人は、がんでの死亡リスクが高くなっていますね。

驚くべきことに、BMI25以上の肥満よりも高くなっています。

女性の場合もBMI14.0~18.9では、1.12倍になっていますね。

つまり、痩せすぎていても、がん、心疾患、脳血管疾患、その他ともに、死亡率が高くなっているのです。

このグラフを見てわかることは、痩せすぎも太りすぎも危険ということ!

それを知るためには、BMIの数値は注意するための心強い目安になってくれるのです。

最後に!!

上記の理由により、多少は長生きした私はBMI22を目指すことにします。

そして不健康な太り方ではなく、しっかりと筋肉をつけて太ります。

このグラフは手遅れになるということではなく、いつ始めても適正な体重を目指すことは効果的とのことですので、なるべく早いうちに68kgで体脂肪率15%くらいを達成したいと考えています。


- sponsored link -


鷹h氏 (@noaru_takahshi) の戯言

鷹h氏
このグラフを見て、がんのリスクが高いことにかなりの衝撃をうけました。

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です