人間力の高さって結局「バカになれかどうか」だと思う。

a0001_014638_m世間的にいえば優等生として小中高大と学生生活を送ってきた鷹h氏ですが、世の中、生真面目秀才は鼻につくってことも重々理解できる年齢になりました。

リア充の体育会が苦手とか、ヤンキー怖いとか、人それぞれで、苦手意識や、負の感情は誰しも持っているものだと思います。まぶしく輝いて、目立つやつは叩かれるのが、日本の社会です。

かといって、輝かないように才能を隠すのがいいかというとそれも違うと思います。それじゃあ、きっと世の中おもしろくない。

「バカ=とてもマイナスなイメージ」ですよね。しかし私の会社では、「バカになれるやつが1番仕事ができる」とよく言われます。そう、「バカ」と「バカになる」は違います。

とはいっても、バカになるなと教えられて育った私たちは、自らバカになるなんて「かっこ悪い、恥ずかしい、絶対嫌!」と敬遠する人も多いでしょう。しかし本当に自分のため、周囲のためを考えれば、「バカになる」ことがプラスになるシーンは少なくありません。

3ヶ月前に、部署異動があってから、いろいろ思うことがあったので、メモ。



- sponsored link -


自分にないものを盗みたい

今の上司たちの尊敬できるところは、自分から馬鹿になって、踊れること。

当人たちはすごい実力もあるし、頭も良いんだけど、そのあふれる才能を主張せずに、当たり前のようにピエロにもなれば、悪党にもなる。

いぶし銀のようにくすんだ光に満ちあふれている。

若い人間にありがちな、真面目に理想やきれいごとをストレートにぶつけて、打ち返されるのとは違うあり方で生きています。

表現は「自分の経験したものしか出せない」ってこないだの某NHKプロフェッショナルで某有名芸術家が言ってたことですが、若いうちに自分の浅はかさを見せ続けるのは、かなり恥ずかしいことだと思います。

でも、それを恥ずかしがってたら、きっとずっと踊り続けてきた人たちと40歳くらいで圧倒的な差がついてしまうのでしょうね。

大人しく優等生ぶっている場合ではないってことだぞ!!

無謀な挑戦を自ら買って出るバカになりたい

あの人がああ言ってる、こう言ってるなど、「他人の声なんて一切気にするな」

一見、無謀に見える挑戦は、実はちゃんとした裏付けがあって挑戦しているのだ。

一見、大馬鹿に見えるが、無謀な挑戦が出来る人は「自分ならやれる」という確信を持っている人なのだ。

ゴールが見えていれば、全く怖くなんてないよ!

怖がらない馬鹿は、単に無謀なんじゃなくて、いつか必ずゴールに辿り着くという、ちゃんと強い意思と確信を持っているのだ。

どんな相手でも酒を酌み交わすバカになりたい

今いる場所に、ずっとそのままいたら成長はない。

自分のフィールドではない場所に飛び込むことで、視野も思考も広がるのだ。

もし他の世界を知りたいのなら、ただ酒を酌み交わすだけで大抵の話はできる。

未知なる世界へ、恐れず足を踏み入れよう!

常に新しい物事を妄想するバカになりたい

妄想するっていうことは、発想力を持って常に面白いことを探している証拠なんだ。

妄想する力があれば、好奇心が湧いてくるし、色々なチャレンジができるからだ。

生きるということは、決められた枠の中で生きるんじゃなくて、
妄想を武器に自らどんどん外の世界に出ていくことです。

根拠のない自信を貫けるバカになりたい

根拠のない自信はどこから出てくるのか?

根拠の無い自信を持っている人は、実は馬鹿ではない。
裏で沢山の勉強をしているし、なによりも修正能力が高い人なのです。

とりあえずやってみることというのが大事で、やってから駄目だって気付いた瞬間に軌道修正をすればいい。

軌道修正が出来るということは無限進化することで、いつかは完成するしゴールへ到着するということ。

ゴールが見えているから、ただの自信過剰じゃないのだ。

ゴールが見えているから、ただ突き進むだけなのです。

最後に!!

変化球を投げれない性格なので、今はバカだと思われても早めの速球を投げ続けるしかないよね。っていう悩みと、

銀をいぶすにはなかなか時間がかかるよね。そんなすぐにおじさんたちの技を盗めたら苦労しないわ!っていう悩みと、

ホームラン打たれても折れない精神力身につけて、余計なプライドを削ぎ落としてバカになって踊りたいですね。っていう悩みが共存している感じですね。

焦らず、ゆっくり、意識改革。


- sponsored link -


鷹h氏 (@noaru_takahshi) の戯言

鷹h氏
落ち込んでいる暇があったら、なにか新しいことを考えるのだ!人生そんなに長くはないぞ!!

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です