遠距離・共働き別居夫婦が使う共通クレジットカードを比較。

前回記事(遠距離・共働き別居夫婦が考える貯金と家計管理 )にて、共通口座の方針を検討しましたが、

やはりMUFGのVISAデビットカードだけでは運用が難しいのではということで、

共通クレジットカードの導入を考えてみます。そのメモ。



- sponsored link -


前提:共通経費はカード払いにより家計を管理したい

共通口座はすでにMUFGにて作成済み。

この口座に毎月決まった額を振り込むこととしております。

夫婦共通の口座をクレジットカードの利用口座として、個人カードと家族カードを作って二人でそれぞれ持つことを前提で考えました。

 家族カード利用のメリット

家族カード利用のメリットは以下の4つかと思います。

1.夫婦の利用状況が明細でチェックできる。

クレジットカードは、個人の信用状況などにより個人に発行されるものである為、本人以外の使用は原則認められていません。

ただし、「家族カード」は配偶者や家族が使用できる追加カードで、家族カードでの支払いも本人カードに合算され、どちらの利用明細も確認することができます。

普段の買い物も、現金ではなく「家族カード」で支払うようにすれば、レシートなどをとっておく必要もなく、自然に家計簿が付けられている状況になり非常に便利。

手書きで家計簿は付けるのは手間がかかりますが、これなら簡単にチェックできます。

ちなみに、利用状況のチェックは「Money tree」で簡単に把握する事が可能です。

2.共通で使用するのでポイントが貯まりやすい。

家族カードでの使用も請求は本人カードに合算されます。別々のカードを持って、別々の種類のポイントを貯めていくよりも、効率的なポイントの利用が出来ます。

3.年会費が割安

「家族カード」の発行手数料は無料であることが多く、「家族カード」の年会費はクレジットカード会社にもよりますが個人カードよりも割安。

有料クレジットカードを夫婦別々に保有するのであれば、家族カードを利用した方が確実にお得ですね。

4.家族カードにも各種保険が付帯する

家族カードであっても個人カード同様の「国内旅行保険・海外旅行保険・ショッピング保険」などが付帯されるクレジットカードも多く、その点もメリットかと。

共通クレジットカードの候補

まず巷で人気のクレジットカードについて調査。

旅行が好きな二人。

評価のポイントは、以下の2点。

・汎用性のある利用が出来るか。

・旅行で利用することによるメリットはあるか。

その中で高評価だったのは、下記の3つのカードでした。

・JALカード

年に数回の飛行機による帰省、及び年に1,2回の旅行を考えると、共通でマイルを貯められる点がよい。

ただし、年会費との兼ね合いで若干割高か。

・楽天カード

使い勝手のよいポイントと、家族カードが無料。さらに楽天市場、その他楽天のサービスでポイントが倍になったりする。

楽天トラベルの高速バスを頻繁に利用する我々とすれば、大変ありがたい。

ただし、既に夫が個人で使用中ので、ポイントの扱いが若干ややこしくなりそう。

・リクルートカード

使い勝手のよいポイントと、家族カードが無料。さらに還元率が1.2%と他のカードより若干高い。じゃらんnet利用で還元率4.2%も地味に魅力か。ホットペッパー、ポンパレのサービスでも還元率がアップ。

「楽天カード」が優勢か。

色々と悩んだ挙句、最終的には「楽天カード」に決めました。

決め手として多数あるのですが、

  • 夫婦で旅行に行くのが好きで、いつも「楽天トラベル」を利用していたので、若干得した気分になる。
  • 電子マネー「Edy」へのチャージでもポイントが付与されるというのは、クレカの還元率分がそのまま節約につながるという事で非常に魅力的。
  • 「楽天ポイント」は当然楽天市場で使用可能で使い勝手はよい。
  • 年会費無料、かつ、家族カードの年会費も無料。
  • 海外、国内旅行傷害保険やショッピング補償まで付帯している。
  • 今なら8000ポイントキャッシュバック。

ということで、使用するクレジットカードは「楽天カード」で決まりました。

デビットカードとクレジットカードの使い分け

これで共通のカードとして、

MUFGのVISAデビットカードと、楽天カードを持つことになりました。

ただ、これ、どうやって使い分けしましょう。なかなか難しい問題ですよね。。。

なによりデビットカードは、残高以上のお金は支払うことが出来ないということが大きなメリットとなります。デメリットとしては、還元率が0.2%と低いことですね。

クレジットカードは、還元率が1%ということで、ポイントが貯まりやすいということが何よりのメリットですね。

いずれも利用明細を残すことが出来ますので、実際にはどちらを使用してもよいのですが、

  • デビットカード:日用品、スーパー等の日常利用
  • クレジットカード:共通の大きいお買いもの。新幹線、高速バスといった交通費。

といった使い方になるかなと思います。

デビットカードが、電子マネーみたいになっているのが、一番理想的なのですが。。。

クレジットカードで電子マネーをチャージしておいて、日常利用するという可能性もあるのかな。

まあ、半年くらい運用してみて、上手くいきそうになければ、どちらか一本に絞ることも検討したいと思います。

実際はポイントなんて大したことないし、細かいことなのですが、塵も積もればで、日ごろの行いが、最終的に大きな結果を生み出す気もします。うーむ。

これからもよりよい運用を考えていきたいものです。


- sponsored link -


鷹h氏 (@noaru_takahshi) の戯言

鷹h氏
クレジットカードでポイントが結構たまっていると嬉しい反面、使いすぎたことを後悔します・・・。

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です