車の運転って人の性格が露骨に出るよね。運転タイプ別に性格分析をしてみた。

やあやあ、能ある鷹h氏(@noaru_takahshi)だよ。

 

東京から東北に赴任してから丸2年が経ちましたが、その前後で一番大きく変わったことと言えば、車を運転する機会が増えたことなんじゃないかと思います。

 

仙台は地下鉄や電車等も他の地域よりは整備されていますが、それでも東京と比べると雲泥の差があります。

他社との打合せに行くのも必然的に車に乗っていくことが多くなりました。

 

よく他の人が運転する車に乗ることも多いのですが、そんな時気になるのが、運転の仕方。

 

ハンドルの握り方、スピードの出し方、車線変更のタイミング、信号機の黄色になった時の反応、ブレーキをかけるタイミング・強さ、車内温度調節、ラジオのボリューム、駐車方法、車を降りた時のドアの閉め方などなど、一挙手一投足あげるときりがないのですが、その一つ一つがそれぞれに違っていてとても面白い。

 

「ハンドルを握らせると、まるで別人格」なんて話もありますが、車の運転の仕方ってかなり人の性格が出るんじゃないかという仮説のもと、今回は、車の運転タイプ別の私なりの性格診断をメモしたいと思います。

 



– sponsored link –

運転タイプ別性格診断

これまで見てきた運転タイプを7つに分けてみました。

1.習ったことに忠実な優等生タイプ

細部の標識や歩行者にまで注意を払い、交通ルールに従っていることを、ひとつひとつ確認しながら運転する優等生タイプ。

法定速度の10キロオーバーまでを遵守し、黄色信号でもみだりに進むことはしない。しっかりと車間距離をとり、未然に事故のリスクを摘んでいく。シートには深く座り、ハンドルを持つ手はしっかり9時15分。

渋滞でも決して割り込むことをせず、ちゃんと最後尾に並ぶ強い道徳観を持つ人格者のあなたは社会の中では完璧主義者と揶揄されることもあるかもしれません。でもそれは妬みや嫉妬によるものなので、自信を持ってこの運転を続けていただきたいと思います。

この世があなたみたいな人ばかりだったら、もっと世の中の交通事故は撲滅できるのに!!

2.粋がっているガキタイプ

車内では自分の気に入った音楽を大音量でならし、オラオラ系の運転テクを見せつけるガキ。

一般道は信号が多いのに、無謀な車線変更でやたら前に行きたがり、ウィンカーすら出さないことも。高速道路でも追い越し車線に遅い車がいるとギリギリまで車間距離を詰めます。

でも本当は“マイペース”なあなた。それを隠そうと大人ぶっているだけ。世の中に関心がなく、いつもリラックスした状態であることが何よりの望み。

でも実はあなたがリラックスしている裏では多くの人にストレスを与えているかもしれませんよ?

3.最短ルートを目指すミニマリストタイプ

余計な寄り道や余計な動作を一切省きたいミニマリスト。

車内は一切の装飾がなく、響くのはエンジン音のみ。余計な会話を楽しむこともなく、最短ルートでも目的地到着を目指します。

ナビに載っていないような近道や、渋滞を未然に回避するたくさんの選択肢を把握しているあなたはもはや仕事人の領域です。

とはいえ、シンプルが好みなだけで、人生を退屈しているわけではありません。余計なことに首を突っ込まない淡白さが魅力です。

世の中のタクシードライバーがみんなこのタイプだったらよいのに!!

4.摩訶不思議アドベンチャータイプ

毎日同じ道に行くなんてつまらない!

どんな瞬間にも冒険の扉を開くカギがあると信じている冒険家。

信号待ちでマリオカートばりのスタートダッシュを決めようと急発進をキメたり、信号直前で急ブレーキを多用したり、運転中にもスリルを求めるあなた。赤信号時に、ギリギリまでブレーキを踏まず、前の車との車間距離を詰めて停車するのも特徴です。

わんぱくで奔放なあなたは普段の生活でも多くの人に愛されているに違いありません。

その一方でドライブ中にドキドキ感を求めていない人が多くいることも忘れないでください。

5.義理と人情のトラック野郎タイプ

とにかく男気あふれる寛容さが魅力のトラック野郎。

その自信に満ち溢れた運転は、同乗者を安心させます。路肩から進入車がいれば入れてあげたり、横断歩道を渡りたい歩行者がいれば道を譲ってあげたり人情の深さが素敵です。

アツいハートで時に息苦しさを感じられるあなたですが、明快かつ果敢な方法でいろんな局面を打開していくタレント性があり、周りの人たちから慕われているに違いありません。

その大きな器でこれからの日本を支えていってほしいです。

6.石橋を叩いて渡らないチキンハートタイプ

常に自分の心の中の不安と戦っているチキンハートの持ち主。

右見て左見て、もう一度右を見ているうちに左が気になってくる慎重派。右折信号のない交差点の右折がなかなかできなくて、後ろからクラクションを鳴らされることも。

法定速度以下の運転を徹底し、あなたの後ろにはきっと多くの車を引き連れていることでしょう。リスクが高いと思われる事には近づかず、自分が安心できる範囲にしか手を出さない臆病な面に、あなたも気づいているはず。

たまには思い切って行動もいいかもしれません。周囲の人々は、あなたが殻を破って出てきてくれる事を待っていると思いますよ。

7.交通ルールをガン無視する交通テロリストタイプ

信号無視、重度のスピード違反、飲酒運転をやらかす交通テロリスト。

軽い気持ちでこうした行動に出てしまうのかもしれませんが、重い犯罪です。こういう人がいるから多くの罪のないおじいちゃんや子供が事故にあうのです。

交通事故になってからでは遅いので、どうか軽い気持ちで車の運転をしないようにお願いいたします。

 

最後に!!

以上、私が感じる運転タイプ別の性格判断をしてみました。

 

あなたはどのタイプに近いですか?私は、摩訶不思議アドベンチャータイプに近いかな。

 

同じような動作に見えて、意外と運転の仕方や運転中の態度にも性格が出るもんですよね。

特にトラブルに出くわした時にはその人の素が出る物なのでよくチェックしておきたい所です。


- sponsored link -

鷹h氏 (@noaru_takahshi) の戯言

鷹h氏
ちなみに交通事故の原因1位は、漠然運転だそうです。車の運転中はとにかく気を抜かないことが大事ですね。。。

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です