【感想】ももいろクリスマス2015 Day1を観た! 全てが美しかった極寒のライブ。

12/23に「ももいろクリスマス2015 ~Beautiful Survivors~ Day1@群馬・軽井沢スノーパークに参加してきました。

ももクロの現場には初めて参加です。それがいきなり軽井沢の極寒の中でのライブ。

軽井沢スノーパークは個人的に思い入れのあるスキー場で、この場所でももクロがライブをやると知った時、どうしても参加したい!といてもたってもいられなくなり、一般応募で無事当選。

前代未聞のスキー場でのパフォーマンスがどういうものか、何度も行ったことのある思い出の場所でのももクロライブに胸が高鳴っておりました。

今回は当日の流れと感想を簡単にレポートします。



- sponsored link -


会場到着〜入場まで

当日は、朝8:14東京駅発の新幹線に搭乗。すでに車内には、色とりどりのスキーウェアを着たモノノフ達。9:27軽井沢駅着。駅構内も、モノノフ達に彩られておりました。お祭り感がたまりません。

IMG_4488シャトルバス乗り場までは、徒歩5分くらい。

IMG_4489

数十台の大型バスで、軽井沢スノーパークまでピストン輸送を繰り返しております。

シャトルバスの搭乗時間は大体45分くらい。車内では5人の企画ゲーム等々の音声が流れてます。

シャトルバスを降りて、クラブハウスの中を通って認証場所に。室内に飲み物の自販機や男女別のお手洗いがありました。

IMG_4495

ヨシミーランドに到着!あれ、雪が全然ない。。。

ヨシミーランドでは、山田うどん、米さんカレーライス、キャベジローラーメン等々の飲食店が並んでます。

IMG_4496

キャベジローラーメン700円。結構、量が入っていて、美味しい。

入場〜ライブ終了まで

入場はAブロックから順に入場。1ブロック1500人くらいでしょうか。

やはり初日ということもあり、入退場がスムーズに行ったかといえば微妙だったかもしれない。。入場にかなり時間がかかっていました。

会場はそれほど大きくなく、ステージも小ぶり。A〜Dブロックがかなり密集してます。

ゲレンデと会場にはしっかり雪が積もっていて安心。厚底の雪用ブーツがないと、ライブ中2時間半立っているのは辛いかも。

鷹h氏は、Bブロックのメインステージから4列目。かなり近い!!

そうこうしている内に開演。

(※セットリストやパフォーマンスはネタバレがあるので割愛します。)

とにかく、初めて生で見るももクロは、映像で見るよりもずっときらきらで輝いてました。

スキー場ならではの演出はこういうことか!と納得。さすがももクロ。会場は小さくても演出は一級品の派手さです。

初日ということで、若干の音響トラブルがあったり、寒さのせいかパフォーマンスも若干本調子ではない部分があったかもしれませんが、本当に来てよかったと思えるライブでした。

感想

しおりんがライブの始めに、「このライブは、開催する方も来る方もバカだ。」と言ってましたが、それがももクリ2015の一番の楽しさを生んだのではないかなと思います。

雪山でアイドルのライブをするという一見バカなことを、丁寧かつ真面目に取り組んでいるももクロ運営陣の熱意と、その無謀とも思える挑戦に応えるモノノフ達の熱意。

予定調和的に完結するライブにはない、手作り感のある暖かさが今回のライブにはあって、極寒の中で生まれるグルーヴ感が本当にすごかった!!

 

とりわけ最高だったのは、アンコール最後の曲「走れ!」。

クライマックスに差し掛かり、会場のテンションもMAX。17時を過ぎ、急に気温が下がってきた頃でしたが、寒さにも全く動じることなく声援を送り続けるモノノフ達。

ふと、2番の途中で天を仰ぐと、ライトに照らされた銀色の粒。

どこからともなく観客席から聞こえる「雪だ!」というつぶやき。

始めは人工降雪機の演出かと思いました。

でも、段々とサビ付近で雪の存在がはっきりしてきて、メンバーたちも驚いている様子。

落ちサビ。舞い散る雪に包まれた夏菜子の歌が響き渡る。

大サビ。空一面に降り注ぐ雪、色とりどりのサイリウム、ももクロちゃんのパフォーマンス。奇跡としか言いようのない信じられない光景に、思わず涙が出そうになりました。

こんな天然の演出があるのかと。今日のチケットがとれてよかった。心から思いました。

最後に!

年の瀬に圧倒的なパフォーマンスを見させてもらいました。

とにかく全てが美しかった極寒のライブ、本当にありがとうございました!!


- sponsored link -


鷹h氏 (@noaru_takahshi) の戯言

鷹h氏
風邪で喉が荒れまくっているのに、今回、声を出しすぎたせいで、完全に喉がやられました。年末は喉のケアに重点をおきます。

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です