【5/7感想】「カオスフェス2016@豊洲PIT」はアーティストのアツい魂を感じるとにかく最高のセットリストだった!

やあやあ、能ある鷹h氏(@noaru_takahshi)だよ。

ゴールデンウィークも終盤戦!

5/7に豊洲PITで開催された「カオスフェス2016」1日目に参加してきました。

タイトル通り、ロックやアイドルといった音楽ジャンルの垣根を越えたカオスな面々が集結したこのライブ。それぞれの魂がこもった最高のパフォーマンスを見せてもらえたので、感想をメモしておこうと思います。

 



– sponsored link –

カオスフェスってなに?

chaos

『でんぱ組.inc』が主催する、ジャンルレスでボーダーレス!?なラインナップによる音楽イベント「JOYSOUND presents カオスフェス 2016 supported by ヴィレッジヴァンガード」。

1日目(5/7 sat)の出演者は以下のとおりでした。

O.A. 新しい学校のリーダーズ
Wienners
我武者羅應援團
クリトリック・リス
サンボマスター
神聖かまってちゃん
でんぱ組.inc
DJ
D-YAMA (MOGRA)

 

当日の様子!

IMG_5623

会場は豊洲PIT。開場は17時でしたが、たくさんの人で溢れていました。

3000人くらい収容できそうなキャパで、1000人くらいの参加者だったので、実際会場に入ってみると、結構スペースに余裕がありました。

整理券で後ろの方の番号だった人も、全然前列で観覧できる(観客にとっては)最高の環境だったと思います。

後ろの方の広いスペースのあるエリアでは、ヲタ芸を繰り広げている方々も多数。

以下、それぞれのアーティストのセトリと感想です。(セットリストうろ覚えなので、間違えてたら訂正お願いします。)

(O.A.)新しい学校のリーダーズ

ASOBISYSTEM所属の4名からなるダンスボーカルユニット。今回初めてパフォーマンスを見ましたが、キレッキレのダンスとパワフルな歌声、それぞれ個性のあるルックスに会場も盛り上がっておりました。

結構凄い歌詞で、個人的に本日出演者の中で一番カオスフェスによくフィットしてたと思います。

readers

(DJ)D-YAMA (MOGRA)

それぞれのパフォーマンスの間にはMOGRA店長のD-YAMA氏によるDJタイム。

DJの選曲が最高でした。 前半は岡村ちゃんとかtofubeatsとかサカナクションとか気持ちのよい音楽で会場もノリノリ。中盤〜後半にかけて声優・アニメ系の音楽で会場はmixとヲタ芸の嵐!!まさにカオス。MCもさすがでした!

mogra

1.サンボマスター

1.ミラクルをキミとおこしたいんです
2.光のロック
3.青春狂想曲
4.世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
5.ロックンロールイズノットデッド

いわずとしれた魂のロックバンド『サンボマスター』。トップバッターとして会場のボルテージをMAXまで引き上げる卓越したパフォーマンス。

「ロックもアイドルも関係ねえだろ!」「オープニングでピーク持ってこいよ!!」

魂のMC最高でした。痺れました。突き刺さりました。泣きました。

sambomaster

2.クリトリック・リス

1.柳瀬部長
2.アイラブロックンロール
3.BUS-BUS
4.バンドマンの女

下ネタのナポレオンこと、『クリトリック・リス』。裸一貫で泥臭くも自らの境遇や思いをひたむきに歌い続けるその姿にかなりグッときました。サンボマスターからクリトリックリスの流れもアツかったです。

色物っぽい裸のパフォーマンスながら、曲の構成とか素晴らしくて最高でした。これからも応援したいと思いました。

kuri

3.神聖かまってちゃん

1.肉魔法
2.ねこラジ
3.自分らしく
4.ロックンロールは鳴り止まないっ
5.ぼくブレード
6.フロントメモリー

『神聖かまってちゃん』の酔っ払えるような中毒性のあるパフォーマンスに会場もノリノリでした。カオスフェスということでかなりテンション上げており、「裸になれよぉぉぉ」が良かったです。

kamatte

4.Wienners

1.Diamond Dust
2.Video Girl
3.ジュリアナ ディスコ ゾンビーズ
4.姫君バンケット
5.Justice 4
6.Love Me Tender
7.蒼天ディライト

『Wienners』やっぱ最高! 完成度高すぎでしょ。初めて生で見たけど超かっこよかった!

セットリストもノリノリの曲だらけだったし、演奏超絶巧いし、オーラ出まくってたし、玉屋さんのダイブもあって、会場(と私)のテンションが大変なことになってました。

wienners

5.でんぱ組.inc

1.破!to the Future
2.NEO JAEPONISM
3.でんでんぱっしょん
4.STAR☆ットしちゃうぜ春だしね
5.アキハバライフ♪

『でんぱ組.inc』は安定の完成度ですね。カオスフェス来場者の8割以上はでんぱ組のファンだろっていうところもあり、セットリストもアップテンポでノリの良い曲ばかりで観客の一体感が素晴らしかったです。

特に「NEO JAEPONISM」のライブでの一体感は最高ですね。

「sabotage」の頃の衣装で、逆に新鮮でした。スカートが短すぎて、わかめちゃんみたいになってましたが。ピンキーのマイクトラブルなどもありましたが、会場の盛り上がりの前にそんなことは些細なことで、最高のライブでした。生バンドのライブは、身体に訴えかけてきますよね。

メンバーそれぞれの髪型が交換されていて、カオスな状態だったのも良かったです。

dempa

6.我武者羅應援團

1.押忍  ~はじまりの応援歌
2.我武者羅應援團大團歌
3.リベンジ ~決してあきらめないあなたに送る応援歌
4.WE ARE BEAUTIFUL ~ガムシャラに生きるあなたに送る応援歌

『我武者羅応援団』は、でんぱ組の後ということで独特の緊張感の中でのパフォーマンスでしたが、見事に場の空気を変えるエネルギッシュなライブでした。

団長の独白の後に続く応援歌というスタイルに当初会場もキョトンとしていましたが、その強いメッセージ性に、最後は会場も大きな盛り上がりを見せていました。

あれほどの強い信念と気合を持って、人を応援するのって本当にエネルギーが必要だと思うし、それをプロとして枯れないで9年間続いてるっていうのはすごいことだなあと感じました。

そのアツすぎるスタイルだけに、会場では笑ってたり、ふざけたり、つまらないから帰ったりしている人たちがいて、個人的には真面目に聴いて欲しかったなあと思いましたが、なんにせよ会場の雰囲気をスッキリ収めて、アンコールの余地なく、カオスフェスは見事に大団円を迎えました。

gamusyara

 

最後に!!

普通のフェスと違って、有名・無名も関係なく、音楽性の垣根も、性別や年齢の垣根も越えて、個性的なアーティストさんの素晴らしいパフォーマンスを見せてもらえてよかったなあと感じました。

個人的な注目はWiennersとかまってちゃんでしたが、どのアーティストも最高でした!!

今回初めて知ったアーティストを含めて、それぞれカオスというよりは、むしろ実直でひたむきな真面目さがあって、私たちの気持ちを勇気付けてくれた素敵なライブでした。

 

5/8の2日目は残念ながら参加できませんが、2日目も楽しみ!!

昨年は非開催とのことでしたが、来年、再来年と恒例のイベントになるといいなあ!


- sponsored link -

鷹h氏 (@noaru_takahshi) の戯言

鷹h氏
個人的に一番ヒットしたのは、クリトリック・リスさん。是非一度聴いてみてほしいです。

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です