【謝罪】ブログ管理者としての反省と今後の運営方針について

詳細は省かせていただきますが、以前アップした当ブログの記事について、「私の記事のパクリではないか」と他サイトの作者様からご指摘があり、記事執筆にあたって構成や論旨について参考にしていた(≒真似していた)部分があったため、当該記事を削除させていただきました。

作者様を始めとして関係者の方々には不快な思いをさせてしまいまして、大変ご迷惑をおかけいたしました。本当に申し訳ございませんでした。

 

決して元の記事を貶めようとしたり、剽窃した記事でアクセス数を増やして自分の名声を獲得しようとしたりする意図はなく、ひとえに「週に3記事をアップしたい」という個人的に決めていた短期目標達成のために、時間をかけずに記事をつくろうとした私の怠慢・不徳のなすところです。

内容のチェックもせず、しかるべき引用等も行わずに、なぜこんな無責任なことをしてしまったんだろうと、ただただ反省する日々です。。。

作者様のお怒りは察してあまりあるものがありますし、twitter上では作者様のフォロワーの方々から多くの辛辣なご批判を頂戴しました。

ご指摘のとおり、誠心誠意をこめて書いた人様の記事を真似するということは人間として恥ずべきことであり、制作者様に対してのリスペクトがない卑劣な行為です。

情報発信をするものとして著しく信頼を損なう行為であり、「お前、日常的に他人の記事パクってんだろ」と思われてもしょうがないことだと思います。。。

 

「楽しく記事を書こう」と思って始めたはずなのにいつの間にか「楽して記事を書こう」という方向性に向かってしまいました。

息苦しい中でブログを書いた結果、こうしたリテラシーやモラルのかけらもない行動をとってしまったと思うと、本当に悔やんでも悔やみきれません。。ああもう、なにやってんだよ、自分。。

 

人は気を抜くと簡単にダークサイドに落ちてしまう。楽をしようと思うと、人間は安易で責任感のない行為に逃げてしまいます。後悔先に立たず。創作活動の裏側には多くの敵が存在しており、すぐに人の弱い心につけこんできます。

昨今のwelq問題にも見られるように、情報発信そのものの正しさ・質が問われる世の中の流れになってきています。発信者の責任感や情報リテラシーについて、改めて問われているのだと思います。

こうした過ちを二度とおかさないようにするためにも、人として強い心を持つためにも、今回は自責の念を込めて、ブログ運営にあたっての宣言を記しておこうと思います。



– sponsored link –

無責任な記事は書きません

世の中の多くの情報に「正解」はありません。何かの出来事に対する感想は人それぞれですし、何かを成し遂げるための方法も人それぞれです。あやふやなことに対して、人々は少しでも参考となる情報を探し求めているのだと思います。

当ブログでは、適当な情報を集めて貼っただけの記事は書きません。知りもしない情報をあたかも自分ごとのように書くこともしません。

このブログでは自ら学んだこと、興味があること、経験したことを自分なりに咀嚼して記事とすることをお約束いたします。

オリジナルのコンテンツ作りに勤しみます

剽窃・盗用・パクリ行為は絶対に行いません。

日本には「著作権法」が制定されており、あらゆるコンテンツは基本的に製作者様の著作物となります。

これまで私は「見る側」の気持ちで「作る側」の立場にいたのだと思います。「自分が楽しければよい」そんな無責任な気持ちが、今回あたかも自分の言葉として人様の意見を記載してしまったことにつながったのだと思います。

当ブログでは著作権法のルールに則り、独自の見解に基づいたブログ運営をしていくことをお約束いたします。

記事作成に「手間」をかけます

新年の抱負ではPVアップのためにひたすら記事数を増やすと言いましたが、前言撤回します。一つ一つの記事に時間をかけて丁寧に作成いたします。

より詳しく、より正しい情報が欲しいと考えている方々のために、それに見合ったコンテンツ作りをしていくことをお約束いたします。

今回の件で失った信頼や喪失した自信を少しでも取り戻していけるように精進していきたいと思います。

最後に!!

併せて、今後当ブログに記載されている全ての過去記事をチェックし、上記宣言に反するような記事があった場合には即座に削除・修正させていただきます。

作者様におかれましてはまだまだ謝罪の言葉としては決して足りないと思いますが、これからは他人にご迷惑をかけるのではなく、人様に役立つ情報提供を続けていければと思っておりますので、今後とも当ブログを何卒よろしくお願い申し上げます。


- sponsored link -

鷹h氏 (@noaru_takahshi) の戯言

鷹h氏
今回の件は、海よりも深く反省しております。。本当に申し訳ございませんでした。。。

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です