家族アルバムアプリ『みてね』はいいぞ!googleフォトとかicloudよりもスマホ写真共有に特化してて便利。

やあやあ、子煩悩おじさんの鷹h氏(@noaru_takahshi)だよ。

いざ赤ちゃんが生まれると意外に苦労するのが「写真管理」です。

赤ちゃんって本当に毎日顔が変わるので、スマホのカメラで写真や動画などパシャパシャ撮る訳ですが、これをどう管理するかは結構難しい問題です。

夫婦間であれば、onedriveicloudgoogleフォトなんかに写真をアップロードして共有すれば全くストレスなく写真管理が出来るのですが、やっぱり家族の関係性を保つためにも孫の写真はおじいちゃん・おばあちゃんに送りたいところですよね。そうなった場合、写真管理のハードルはググッと上がります。

前述のクラウドストレージは大変使い勝手が良いのですが、それでもIT系に疎い人にとってはブラウザで写真を見たり、ダウンロードすることは難しい場合がありますし、だからといってクラウドストレージのアプリをインストールしてもらって説明しても「面倒くさい」と言って使ってもらえないかもしれません。

とはいえ夫婦で共有フォルダから写真を厳選して、おじいちゃんおばあちゃん用に共有アルバムを作ってリンクを送付したり、メールやLINEで送ったりというのはなかなか手間がかかります。。

そもそも子供の写真って膨大にあるので、イベント事であればフォルダ分け出来るのですが、日常の写真ってフォルダ分けしにくいですし、一つのフォルダにダーッと入れてしまうと遡りにくいんですよね。。。

…とまあ、写真管理の愚痴を並べてみましたが、そんな我々夫婦の悩みをバッチリ解決してもらえるアプリを発見しました!

それがこれ。

mixiが開発・運営を行う家族アルバム「みてね」という写真共有アプリです。

2015年4月に正式リリースされて以降、どんどんとシェアを伸ばし、現在では120万人以上にダウンロードされているのだそう。

しかも最近は自動的にアルバムを作ってくれたり、動画を作成してくれたり、フォトブックにして注文することもできるようになり、ぐんぐんとサービスを拡大しているアプリです。

色々な写真共有サービスを使ってみた結果、このアプリが非常に使いやすかったので、今回はこの「みてね」の凄いところについてメモしておきたいと思います!



- sponsored link -


我々夫婦が写真共有アプリに求めること

まず前提として、どんな使い方を希望しているのかは以下のとおりです。

  1. 特定のユーザー(夫婦、親族)と写真共有ができる
  2. 動画も送ることができる
  3. 容量制限なし
  4. 写真を自動的に見やすく整理してほしい(いちいちフォルダ分けするのが大変)
  5. アプリを入れなくても写真が見られる(スマホを持っていない親族もいる)
  6. 新たな写真を追加した際に自動的に連絡が届く

などの条件で探していました。

googleフォトや、icloud、onedriveなどのサービスは上記1~3まではクリアできるのですが、それ以外の細かい部分では自分自身で対応をする必要があるので、おじいちゃんおばあちゃんに写真を見てもらうにはケアすべき点が多く、写真を送るのがおっくうになってしまうのでした。

しかし!神アプリである「みてね」は、上記の要望に全て応えてくれます

おじいちゃんおばあちゃんなどを招待して写真を共有するタイプのアプリで、写真はもちろん、動画も無制限に共有することが可能です。(※1動画2分以内という制限あり。)

撮影日によって、赤ちゃんの月齢ごとに写真を自動で分類してもらえるので、子どもの成長が時系列でわかりやすく、さらに投稿した写真や動画にコメントを付けることもできます。

なによりブラウザ版の提供があるので、スマホのアプリが苦手なおじいちゃん、おばあちゃんでもインターネットブラウザで簡単に見ることができます。そのうち、赤ちゃんの写真が見るのが楽しみでアプリ版に移行したくなるかもしれませんね!両親のITリテラシーを高めることにもつながります。

こういうユーザビリティに配慮したインターフェイスやサービスの設計がありがたいですね!

以下、サービスの内容を細かくご紹介します。

「みてね」の凄いところ!!

1.誰にでも使いやすいインターフェース

「みてね」の使い方は本当に簡単!UIが大変シンプルで使い勝手抜群です。

最初に簡単なユーザー登録と子どもの名前や生年月日などを入力して、共有するユーザーを招待するだけであっという間に写真共有を開始できます。招待された方も名前とメールアドレスを登録するだけです。

トップページには当月の写真が表示され、縦にスワイプすることでその月に撮った写真や動画を見ることができます。右スワイプで前月、左スワイプで次月の写真一覧に移動。スワイプするだけで子どもの成長が実感できます。

写真の見せ方も、ただただ同じサイズの写真を撮影日順に並べるだけでなく、大きさにメリハリをつけてくれるので大変見やすいですし、いい感じの写真が大きく表示されるのでとてもワクワクします。

2.写真管理が楽々!

写真・動画は撮影日時に応じて順番に整理され、月ごとに自動的に振り分けられます。自分でグループ分けする手間がないのはかなり楽。

写真の修整等を行うと更新日時が変わってしまいますが、「みてね」は更新日順ではなく、あくまで撮影日の順番でソートしてくれるので大変ありがたいです。

もちろん、写真や動画を各自のスマホにダウンロードすることも可能です。

また、アップロードした画像は次に写真を追加するときにはカメラロールから見えなくなっているという細かい気配りが最高だと思います。

3.コメントやログイン履歴がつく!

写真にコメントがつけられますので、どんな時に撮影した写真なのかを説明したり、「この写真かわいい!」みたいな驚きを伝えることもできます。

また、アルバムとは別に、「近況」というタイムラインが表示される項目があり、ここでは誰がいつ最終ログインしたかや写真のアップロードやコメント履歴など、誰がどんな行動をしたのかという「みたよ履歴」が確認できます。さすがSNSの「足あと機能」で一世風靡したmixiさん!!

家族間という近しいコミュニティなので履歴がついてもそれほど恥ずかしくありませんし、アップした写真を見たかどうかをさりげなく確認できて嬉しいです。

ただし、細かいところを気にする方だと「○○さん、1分前にログインして写真を見たっぽいのに私のコメントに返信してないんだけど!」みたいな、既読スルー案件が発生する可能性がありますのでご注意を!!笑

4.自動で更新履歴をお知らせしてくれる!

メールアドレスを登録していれば、自動的に誰が写真・動画を何件アップロードしたのかが事務局からお知らせが送信されるため、こちらから別途メール等で写真を追加したことを知らせずとも大丈夫です。これも地味に便利な機能。

さらにアプリ版では追加するとプッシュ通知が届くので最新情報がお届けできます。

ちなみにブラウザ版はそれぞれに個別のアドレスが発行されますので、このアドレスを一つお気に入り登録をしておくだけで、常に最新の共有フォルダを確認することができます。

ブラウザ版でもコメントがつけられるのも、さすがの気遣いですね!

我が家では、少なくとも3日に1回くらいは娘の写真や動画を共有していますが、上記のように簡単なインターフェースなため、おじいちゃん・おばあちゃんも毎回新しい写真を楽しみにしているみたいです。

5.プライバシー管理もバッチリ!

写真ごとに全員に公開、夫婦まで公開から公開範囲を選択できるところもかなりの高ポイントです。

自分の親に見せるのにはちょっと恥ずかしい写真や夫婦間でしか面白さを共有できない写真なども、夫婦までの共有として堂々とアップすることができます。

たとえば旅行写真などを共有する際「おじいちゃん・おばあちゃんに見せる用」と「夫婦で見る用」でいちいちフォルダ分けをする必要がなく、両親に見せたくない写真だけ「夫婦まで公開」に設定すれよいのでとてもありがたいです。

6.容量が無制限!

なんつっても容量が無制限なのが嬉しいですね!子どもの写真って雪だるま式に増えていきます。

赤ちゃんって毎日微妙に顔つきが異なりますし、表情がコロコロ変わるので、一度に何十枚と似たアングルの写真を撮影することが多いのです。

改めて自分のiPhoneを見てみると、ほとんど子どもの写真ばっかりです。。。

これを写真のバックアップとして、外付けHDやクラウドストレージに入れてしまうと、なかなか見返す機会ってないですし、そういった意味でもこの「みてね」は容量を気にすることなくどんどんアップできて、さらに自動で整理されて過去を遡りやすいですから、本当に至れり尽くせりなアプリだと思います。

ただし、似たような写真を全部「みてね」にアップしてしまうと結構ごちゃごちゃしてしまうと感じたので、我々の場合はそれなりに厳選した写真を「みてね」にアップロードするようにしています。

「おじいちゃん・おばあちゃんに見せる用の写真を厳選する」という目的を設定することで、雑多な写真の整理も捗ります。定期的にこういった作業をすることで、後にイヤーブックを作ることになった時なども楽ですね。

逆に全ての写真のバックアップはgoogleフォトやonedriveにお任せしています。こちらも容量無制限ですし、夫婦間でのみ共有しているので、気兼ねなくアップロードできます。

7.フォトブックも作れる!

「みてね」ではアップした写真をもとにアルバムが自動で生成されて、アプリ上でパラパラめくることも可能です。さらにそのアルバムをベースとして好みの写真を選択してアルバムを編集し、A5サイズ、写真22ページのフォトブックを作ることができます。

フォトブックのお値段は、1冊490円(税別)。写真館の商品と比べるとかなりお安いですね!

しかも、今は送料無料キャンペーン中です。(なんと複数の送付先でも無料!)

まだ注文したことはないのですが、是非一度試してみたいと思っています。

8.1秒動画が地味にスゴい!

さらに「みてね」では、アップロードした動画が20本を超えると、その動画を1秒ずつ切り取ってつなげた「1秒動画」を自動で作ってくれます。

1秒ずつ動画つなぎ合わせただけだろ!」って思うかもしれませんが、これがBGMと相まって意外と感動します笑

なんだろう、結婚式のプロフィール映像みたいな感じ。この映像を結婚式に見たら泣いてしまうだろうなあ。。

しかも、1秒が抜粋される箇所も赤ちゃんが笑っていたり、声を出しているところだったり、いい感じの箇所を勝手にチョイスしてくれるんですよね。どういうアルゴリズムなんだろう。さすが、ミクシィのエンジニアさんですね!!

手動で作れるようになったらもっと最高です…!

最後に!!

一眼レフで撮影した写真などをパソコンからもアップロードできないかなとか、旅行写真などをまとめてコメントをつけたいなとか、写真追加と同時にコメントをつけられないかなとか、コメントだけじゃなくていいね!的なアクションもあるといいなとか、ログイン履歴はON/OFFできてもいいかなとか、欲しい機能の要望はありますが、それはこのアプリが使いやすいからこそ

こんな素敵なアプリが広告なしで無料で使えるということ自体かなりすごいことだと思います。今後のバージョンアップに期待しつつ、引き続き使っていきたいです。

こういうアプリを使うか使わないかって結局モチベーションじゃないですか。使ってみてワクワクしないとアプリって開きませんし、写真もアップロードしません。

そういう意味でこのアプリは、「みたよ履歴」やコメントが付くことでアップロードのモチベーションも高まりますし、例えば父方、母方の家族がそれぞれコメントし合えば、お互いの家族への理解も深まります。

現代社会では家族の絆が薄れてきているという話もありますが、「みてね」というアプリを通して、日常的に子どもの近況を夫婦同士や祖父母間で共有できますし、この“気軽さ”が離れていても「家族」というつながりを強くするきっかけになるのではないかと思いました。

とにかく誰にでも使いやすいように細かいところまで工夫や配慮がなされていて、サービスとして大きく育てたい!というミクシィさんの愛情を感じます。

赤ちゃんの写真管理にお困りな方は、是非とも一度「みてね」を使ってみてはいかがでしょうか。

子供や孫の写真を見返すことで、毎日の生活が少し鮮やかになるかもしれませんよ!!


- sponsored link -


鷹h氏 (@noaru_takahshi) の戯言

鷹h氏
動画を共有すると、夫婦で普段どんな会話しているかまで両親にバレるので気をつけたいところです笑

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です