育児の負担を大幅カット!マジで買ってよかったオススメ子育てグッズ8選<6か月~1歳編>

やあやあ、能ある鷹h氏(@noaru_takahshi)だよ。当ブログの記事をお読みいただきありがとうございます。

うちの娘がまもなく1歳の誕生日を迎えます。

まだ立って歩くまでにはなっていませんが、体も声も大きくなり、表情も多彩になって「ばーばーばー」と言葉らしきことも言ってくれるので、一緒に遊ぶ楽しい時間が増えました。その分イタズラが増えて世話が焼けますけども。

半年前も感じましたが、育児は想像以上に時間を取られます。最近はハイハイで好き勝手動いてしまうので、より目が離せません。

育児は大変だからこそ楽しいと今でも思ってますが、それでも育児と家事の両立は大変。夜泣き等々で睡眠時間も阻害されるし、ストレス解消のためにもやっぱり自分の好きなことをする時間は確保したいところです。

この半年間で多くの時短グッズ・お世話グッズに頼ってきましたが、道具のおかげで育児と家事の両立が楽になった部分があります。

今回は自我の芽生えと行動範囲が大きく広がる生後6か月~12か月の間に買って役立ったと思うグッズを紹介します!

0か月~6か月までのおすすめグッズは以下の記事ご参照です。

親の時間を少しだけ確保!マジで買ってよかった赤ちゃん用グッズ8選<4か月~6か月編>

2017.03.27

マジで買ってよかったオススメの赤ちゃん用品12選<0ヶ月~3ヶ月まで>

2016.12.26


- sponsored link -


我が家の生後12ヶ月の赤ちゃんの様子

1歳を迎える我が家の赤ちゃんの様子は以下とおり。

  • ハイハイで縦横無尽に家を散策する。引き出しを開けたり、落ちているものを口に入れたり、放っておくと部屋を散らかしまくる。
  • 支えなしで立つことはできるが、歩くことはまだ出来ない。よく立とうとして転んでいる。
  • 言葉のバリエーションがかなり増えた。ずっと「ばばばばばば」と言っている。
  • ママが大好き。母親の顔を見ると笑顔で追っかけてくる。父親は認識してるかな?程度。人見知りはあまりしない。放置されるとすぐ泣く。
  • 半年前は抱っこすると泣き止んでいたが、最近ではむしろ抱っこして行動を制限すると怒る。

という感じです。

産まれたての頃のか弱さが失われてかなりたくましい感じになってきました。もちろんまだ身体は小さいけれど、乳児というよりかは幼児といった感じ。いたずらっ子具合が増してきました。

ひとりで遊ぶ時間もかなり増えて、20分〜30分くらいであれば親が構わなくても黙々となにかで遊んでいます。

ただ散らかす回数も増えたので、掃除・片付けの手間は倍増。時短グッズがかなり役立ちました。

生後12ヶ月までで活躍したグッズ8選

選んだ基準は

  • 赤ちゃんが喜んだ
  • お母さんが喜んだ
  • お父さんが喜んだ

のいずれかに該当する道具です。もちろん3人が喜んだものもあります。赤ちゃんのための道具だけでなく、子育て世代にお勧めしたいか家電なんかも入っています。

1.ベビービョルンのハイチェア

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ベビービョルン  ハイチェアホワイト
価格:21330円(税込、送料無料) (2017/9/11時点)

これ。赤ちゃん用のハイチェアというとストッケのトリップトラップが有名ですが、ベビービョルンのハイチェアもかなり良いです。

普段我々夫婦は椅子座のテーブルで食事をしているのですが、ローチェアだと低いし、普通のハイチェアは暴れて落ちるのが心配です。

その点、ベビービョルンのハイチェアはベルト等を一切使わずに赤ちゃんをがっちり固定することができます。これはかなり便利。6ヶ月くらいでも少し足がついていい姿勢でご飯が食べられるようになりました

最近ではがっちり固定されすぎて窮屈なのか、赤ちゃんが出たがってわめくこともありますが、安全にいい姿勢で食べれて、掃除もしやすいので超重宝してます。

2.アイロボット Braava 380J

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイロボット 床拭きロボット Braava ブラーバ380J
価格:34800円(税込、送料無料) (2017/9/11時点)

買ってしまいました、ブラーバ。我が家はフローリング多めなのですが、評判通りとてもいい仕事してくれています。

赤ちゃんが離乳食を食べ始めるとびっくりするくらい床が汚れるのですが、ブラーバ先生がいてくれるおかげで床掃除が圧倒的に楽になりました。食べこぼしの大物を片付けてあとはブラーバ先生を起動するだけ。

ルンバは大きくて、購入をためらっていましたが、こちらは超コンパクト。そしてめちゃくちゃ静か。寝る前や外出時に、クイック立体吸着ウェットシートを付けて稼働させています。

ブラーバ先生によってお掃除ストレスから完全開放されました。買うと生活が変わります。

ちなみに赤ちゃんが元気な時に起動すると、速攻でハイハイで追いかけられて電源ボタンが押されて停止します笑

3.食器洗い乾燥機 NP-TR9

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パナソニック 食器洗い乾燥機 NP-TR9-W ホワイト
価格:59980円(税込、送料無料) (2017/9/11時点)

食洗機。これも超絶いい買い物したと思えるマシンです。

日々繰り返す食器洗い。赤ちゃんは離乳食をきれいに食べてくれないので食器も汚いし、家族のを合わせると結構な量になります。「食洗機欲しいな」「いや、まだだ」を繰り返して来ましたが、勢いで中古を購入。

食器並べる→食洗機用の洗剤入れる→ボタンを押す

これらの動作だけであんなに頑固だった油汚れがスッキリ落ちちゃいます。80℃のお湯が勢いよく噴射され、ザッパザッパ洗ってくれるので、あらゆるものがピッカピカです。手洗いより綺麗に落ちます。

時短はもちろん、なにより自分の手を長時間水につけなくても良いことが幸せです。水道代も手洗いより安くすむみたいですし、スプーンとかお箸といった小物から大皿までパズルのように食器を並べるだけなのが精神的な負担も少ないです。

デカイことだけがウィークポイントですが、それを差し置いても世界を変えるマシンだと思います。

4.電気自転車 bikke POLAR

最近買った電気自転車。東京に住んでいるとベビーカーで地下鉄に乗るのも何かと負担だし、抱っこ紐で歩くのも子供が大きくなってくるとしんどいということで、新たな交通手段として候補に上がったのが自転車でした。

まだ1歳なので、後ろに乗せるのは心配ということで前乗せタイプの自転車です。チャイルドシートの高さが705mmと一番低くbikkeシリーズの中でも安定感1番とされているモデルです。

初速の快適さやバッテリーの持ちの長さはすでに実感しております。まだbikkeの真価はつかみ切れておりませんが、これからたくさん使っていきたいと思っています。

5.ラッキー工業 ヒップシート

ずっとアップリカのコランを使ってきたのですが、新生児から使えるせいか余計なベルトやパーツが多く、持ち運びにも不便だなと感じていました。

しかもコランで9kgの赤ちゃんを背負うと肩に重量が集中して痛い。すごい痛い。

そんな時に見つけたのがヒップシートです。ウエストポーチが出っ張っているような形状となっており、そちらに赤ちゃんを乗っけて運ぶというもの。

使ってみたら腰で赤ちゃんの重量を支えるので、肩への負担が少ない!赤ちゃんを格納するのも楽だし、いい買い物したなと思える逸品です。

6.シースター 電動鼻水吸引器

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ベビースマイル S-302
価格:3975円(税込、送料別) (2017/9/11時点)

これまでに何回か風邪を引いたのですが、一番赤ちゃんがしんどそうな症状は鼻水でした。とても息苦しそうで、寝てもすぐに起きたり、機嫌が悪くなったりしてしまいます。

子供は自分で鼻水をかめないので、親がとってあげる必要があります。これまでストロータイプの物で親が吸っていたのですが、間違いなく嫌がられますし、そもそも子供のウイルスを吸って親が感染するリスクも増大します。

この商品は、ボタンを押すだけで簡単に起動。程よい吸引力で、ズズズ・・・としっかり鼻水を吸ってくれます。

またチューブ部分が短く簡単に洗えるので、次の使用までの準備が楽ちんで、ストレスから解放されました。

7.フラッシュくまちゃんヨーヨー

縁日で売っていたり、観光地で売っていたりするゴム製のクマ。

娘のお気に入りのおもちゃです。叩くと光り、ゴム紐を引っ張って遊ぶこともできます。表面のブツブツの触り心地もいいみたいです。

ベビーカーに吊り下げていたら子供達がクマさん目掛けて集まってきたこともあります。

8.ロックンロディ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ノンフタル酸ロックンロディー(ベビーイエロー)
価格:11500円(税込、送料無料) (2017/9/11時点)

プレゼントで買ってあげたロディ。バランスボールみたいでボヨンボヨンして楽しそうです。

慣れないうちは、絶対に転んで後頭部を打って号泣してしまうので、しばらくは親と一緒に遊んであげる必要があると思います。

最後に!!

以上、1歳になるまでに買ってよかった商品をご紹介しました。

今回は赤ちゃん用グッズというよりかは親の時短グッズの要素が多めでしたね。主なおもちゃはこどもチャレンジから届くモノに頼っております。赤ちゃんと生活しているとモノばかりが増えていき、部屋も煩雑になりがちですが、それもまた良し。

せっかくモノを買うなら出来るだけコストを抑えたいという気持ちもありますが、やっぱり良いモノは使い勝手も良いですし、素敵なモノを買うとみんなのテンションも上がるので、これからも子育て・時短グッズには積極的に投資していきたいと思います。

皆さまの子育てグッズ選びの参考に少しでもなれば幸いです!


- sponsored link -


鷹h氏 (@noaru_takahshi) の戯言

鷹h氏
便利なものには飛びつく。失敗したら売る。これからもこの方針でいきたいと思います。

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です