【感想】見どころいっぱい『ヨコハマトリエンナーレ2017 島と星座とガラパゴス』は個展が緩やかにつながる芸術祭!

やあやあ、能ある鷹h氏(@noaru_takahshi)だよ。当ブログの記事をお読みいただきありがとうございます。

さて、8月4日(金)から11月5 日(日)まで、みなとみらい地区で開催中の国際芸術祭「ヨコハマトリエンナーレ2017」に行ってきました。

近年は全国各地で行われている芸術祭ですが、その中でもヨコハマトリエンナーレの歴史は長く、なんと今年で第6回目を迎えます。大体3年ごとに行われており、第1回目は2001年に開催されています。

歴史的にも作品の充実度としても日本最大級の国際芸術祭と言えそうです。

実際に行ってみて、3会場に作品がぎゅっとコンパクトに凝縮されているおかげで鑑賞しやすく、どの会場の展示作品もクオリティが高いので、どなたが見ても楽しめる芸術祭だと感じました。

今回は半日かけて会場をぐるりと巡ってみましたので、展覧会の様子と簡単な感想をメモしておこうと思います。



- sponsored link -


ヨコハマトリエンナーレ2017ってなに??

公式サイトの開催概要によれば、

横浜トリエンナーレは、3年に1度開催される現代アートの国際展です。
タイトルの[島][星座][ガラパゴス]は、接続や孤立、想像力や創造力、独自性や多様性などを表すキーワードです。
いま、世界はグローバル化が急速に進む一方で、紛争や難民・移民の問題、英国のEU離脱、ポピュリズムの台頭などで大きく揺れています。
ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」では、「接続」と「孤立」をテーマに、相反する価値観が複雑に絡み合う世界の状況について考えます。

本トリエンナーレでは、アーティストを厳選し、その多くが複数作品を展示することで、小さな個展群が緩やかにつながり、星座あるいは多島海を形作るように展覧会を構成します。また、幅広い分野の専門家が参加する公開対話シリーズ「ヨコハマラウンド」を通して討論を重ねます。視覚と対話の両面から深くテーマを掘り下げ、「議論」や「共有・共生」の機会となることを目指します。

先行きの見えない複雑な時代に、人間の勇気と想像力や創造力がどのような可能性を拓くことができるのか。 多くの人々とともに考え、開国、開港の地・横浜から新たな視点を発信します。

芸術祭というと「アーティスト1組につき1作品」というイメージがありますが、ヨコハマトリエンナーレ2017では、出展者が38組と絞り込まれており、アーティスト1組あたりの出展作品数も多くなっています。

その分、各作品に通底したアーティスト自身の想いが明確になっており、それぞれのアーティストが重視している「価値観」が比較しやすくなっていると感じます。

各展示室には展示タイトルの記載があるなど、展示方法自体も各アーティストの個展が連続しているような雰囲気となっており、作品に加えて「アーティストそのもの」に焦点を当てた展覧会となっています。

展覧会は、横浜美術館横浜赤レンガ倉庫1号館横浜市開港記念会館 地下の3会場を中心に展開されています。

それ以外にもBankART Studio NYKや黄金町・日ノ出町地区でも関連したアートイベントが開催中です。

そして、各会場は連絡バスが通っていますので、汗だくにならずに巡ることが出来ます!

今回の展示はほぼ全ての作品が「写真撮影可能」となっています。ただし、フラッシュ、動画撮影は不可です。SNS等にも自由にアップできます。

私はスマホで撮影しすぎて、途中電池がなくなりました。。予備のバッテリーを持っていくことをオススメします。

展覧会の様子をレポート!

以下、気になった作品を中心にレポートします。

1.横浜美術館会場

メイン会場の横浜美術館。なにかいつもと違う外観です。

アイ・ウェイウェイ《安全な通行》

外壁に張り付いている救命ボートと救命胴衣は、アイ・ウェイウェイの作品です。いずれも実際の難民が使用したもの。

メインエントランスの柱は「救命胴衣」で埋め尽くされています。

2階の窓から近くで見ることが出来ます。間近で救命胴衣と対峙するとその存在は重く、難民の影が透けて見えてハッとさせられます。

ジョコ・アヴィアント《善と悪の境界はひどく縮れている》

エントランスホールには、竹を編み込んで作った巨大なインスタレーションが展示されています。日本の「しめなわ」から着想を得たとのことです。

まるで巨大な動物のような存在感。暴力的なスケールでありながら繊細に作られているところが印象的です。

Mr.(ミスター)「ごめんなさい」

カイカイキキ所属のアーティスト、Mr(ミスター)の展示。萌えキャラが並ぶ作品は、一見ポップなようでいて毒々しくて生々しい。村上隆作品よりも捉えどころのない怪しさを感じます。

プラバワティ・メッパイル《yt/forty two》

天井に貼られた無数の銅線。ホワイトキューブに生まれる繊細なノイズが美しいです。

畠山直哉《「テリル」より》

北フランスの息を呑むような美しい風景写真。畠山氏は自身の出身地である陸前高田の風景写真も多く展示しています。

マウリツィオ・カテラン《スペルミニ》

壁に並ぶ82点の仮面。微妙に肌の色が異なり、無表情で遠くを見つめています。

マウリツィオ・カテラン《無題》

こちらもカテランのドキッとする展示。思わず二度見してしまいます。

瀬尾夏美《風景から歌|海のあるまち》

東日本大震災をテーマにした作品。詩と風景が混じり合い、まるで絵本を読んでいるかのようです。

風間サチコ「僕らは鼻歌で待機する」

シュールでシニカルな木版画を中心とした展示。他の作品達も超シュールなので是非見て欲しい。

ブルームバーグ&チャナリン《ロンドン自爆テロ犯(L-R)》

鑑賞者がカラフルな積み木を積み上げていく参加型インスタレーション。散らばっている大小様々な積み木は何を意味しているのでしょうか。

木下晋《祈りの心》

鉛筆画の第一人者と言われる木下氏。鉛筆一本でここまで描けるのかとその画力と観察力に圧倒されます。

サム・デュラント《提督の夢》

アメリカ人アーティストが日本と欧米の近代史を日本側の資料から紐解いていく作品群。

マーク・フスティニアーニ《トンネル》

一見するとそのままトンネルなのですが、実はほとんど奥行きがありません。鏡を使った古典的な仕組みながら、どこから見ても奥までトンネルがつながっているような不思議な感覚に襲われます。

パオラ・ピヴィ《準備ができたら教えて》

フォトジェニックな熊の作品。他にもカラフルな熊さんがたくさんいて可愛いですよ。

オラファー・エリアソン《Eye see you》

狭い廊下に煌々と輝く目。太陽のような炎のようなオレンジ色の光を見ると自然と胸が高鳴ります。

2.赤レンガ倉庫2号館会場

続いて赤レンガ会場。連絡バスを使えば10分くらいで到着します。

小沢剛《帰ってきたK.T.O.》

歴史上の実在する人物を題材に、事実とフィクションを重ねて物語を構築するシリーズ。インドでの岡倉天心の足跡を追った作品です。

宇治野宗輝《プライウッド新地》

ミキサーやインパクトドライバーといった電化製品、調理器具、工作機械、自転車、車の部品、楽器などが連携して、音楽を演奏するインスタレーション。

意外性のある器具が意外性のある組み合わせと動きによって、素敵なリズムやメロディを奏でます。目にも耳にも面白い超力作です。

クリスチャン・ヤンコフスキー《重量級の歴史》

ロナルド・レーガンの銅像を持ち上げようとしている屈強な猛者達。このシリーズ以外にもキャッチーでアイロニカルな作品が並びます。

照沼敦朗《ミエナイ ノゾミちゃんの視界コンプレックス》

絵画とアニメーションを組み合わせた作品。アニメのクオリティが高くて、印象的なBGMが癖になります。

Don’t Follow the Wind《ウォーク・イン・フクシマ》

帰還困難区域内にある展覧会場の内外が360度の映像によって映し出されると同時に、元住民の体験や思いが語られます。

小西紀行《無題》

独自の抽象化と光の描き方が特徴的な絵画作品。新しい表現を切り開いている印象を受けました。

3.横浜開港記念会館

最後はこちら。横浜開港記念会館の地下です。ここはバスが止まらないので、BankART、赤レンガ倉庫から徒歩か、タクシーですかね。

柳幸典《Project Godzilla》

真っ暗な空間。完全に異世界に紛れ込んでしまったような錯覚を覚えます。

真っ赤な電光掲示板には日本国憲法の文字

廊下ではオレンジ色の惑星が重低音を響かせています。とても緊張感のあるインスタレーションです。

展覧会の感想

以上、気になった作品のみを抜粋しましたが、実際は各アーティスト複数の作品を眺めることで見えてくる面白さが詰まっています。

これまでの芸術祭は、アーティストの代表作を切り取ったような展示だったり、その展示場所・空間と共鳴するような新作展示が多いイメージがありましたが、今回はフラットな空間でアーティスト毎にある程度まとまった量の作品と対峙することになるので、考える量が非常に多い展覧会だったという印象です。

それぞれの個別作品が面白いので、さらっと見ようとすればテンポよく楽しめるけれども、それぞれのつながりや主張を考え始めると、とたんに膨大な情報の海に溺れるというか…。

日本、アメリカ、ヨーロッパ、中東といった幅広い地域・国々のアーティストがそれぞれの歴史や文化を基に構築したアート空間。表現方法も問題意識も異なるはずなのにどこか共通したテーマや方法が見えてくることもあります。

その場その場で鑑賞者自身が作品との距離感を考えながら、その関係性の中に「ガラパゴス」と「星座」を見つけていく、まさに狙い通りの深みがある素晴らしい展覧会ではないかと感じました。

最後に!!

上記のように、「ヨコハマトリエンナーレ2017」は、作品自体を楽しむことはもちろん、国という単位やアーティストといった単位に視点を変えることでそれぞれの関係性を見出すことができる芸術祭だと思います。

それ以外にも例えば宇治野宗輝のガチャガチャした音楽の横で、クリスチャン・ヤンコフスキーのマッチョな動画が流れるといった芸術祭らしいカオスな空間を楽しむことができたり、会場移動の際にみなとみらいの街を改めて見つめ直してみたりと、楽しみ方は人それぞれです。

おそらく4〜5時間あれば三会場全て観ることができると思います。平日の夜に回数を分けて鑑賞したり、土日や夏休みにまとめて鑑賞したり、鑑賞の仕方も自由です。

是非この夏は、3年に一度しか開催されないヨコハマトリエンナーレを楽しんでみてはいかがでしょうか!きっと現代アートの魅力にたくさんの刺激があると思いますよ!

名称:ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」
会期:2017年8月4日(金)‐ 11月5 日(日) 開場日数:88日間
休館:第2・4木曜日(8/10、8/24、9/14、9/28、10/12、10/26)
会場:横浜美術館/横浜赤レンガ倉庫1号館/横浜市開港記念会館 地下 ほか
開場時間:10:00 – 18:00 (最終入場17:30)
[10/27(金)、10/28(土)、10/29(日)、11/2(木)、11/3(金・祝)、11/4(土)は20:30まで開場(最終入場20:00)]
公式サイト:http://www.yokohamatriennale.jp/2017/
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Artcollectors (アートコレクターズ) 2017年 07月号 [雑誌]
価格:1028円(税込、送料無料) (2017/8/7時点)


- sponsored link -


鷹h氏 (@noaru_takahshi) の戯言

鷹h氏
個人的にはクリスチャン・ヤンコフスキーのシュールな動画展示がツボでした。

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です