【感想】『杉戸洋 とんぼとのりしろ@都美術館』前川建築と響き合う緻密なインスタレーション。

やあやあ、能ある鷹h氏(@noaru_takahshi)だよ。当ブログの記事をお読みいただきありがとうございます。

7月25日(火)から10月9日(月・祝)まで上野の東京都美術館で開催中の「杉戸洋 とんぼとのりしろ」に行ってきました。

杉戸洋さんの作品はこれまで観たことがなかったのですが、以下のポスターに惹かれました。

引用元:http://www.tobikan.jp/exhibition/2017_hiroshisugito.html

幾重にも重ねられた鮮やかな色彩。抽象絵画のように見えて、大きさが異なる幾何学が積層しており、何か具体的なモチーフのようにも見えます。

そして、なんといってもタイトルが気になります。とんぼとのりしろ。

作品が展示される空間の、余白部分まで含めて作品化したいという気持ちが伝わってくるタイトルですね。

実際に訪問してみて、印象的な絵画・彫刻作品に加えて、細部まで緻密に考えられた杉戸さんなりの空間の使い方、前川建築への考え方が伝わって来る素晴らしい展覧会でしたので、簡単に感想をメモしておこうと思います。



- sponsored link -


展示内容について

会場となるのは東京都美術館の地下に広がる吹き抜けの大空間(ギャラリーA〜C)。ボストン美術館展の隣でひっそりと開催されております。

この展示室は2012年のリニューアルまでは「彫塑室」と呼ばれ、独特の風合いを持つタイルの床やコンクリートを削った粗い壁など、前川國男による建築独特の質感と佇まいを維持している場所です。

いわゆる美術館のホワイトキューブとは異なる性質の空間に、杉戸さんは独自の解釈で絵画や彫刻作品を散りばめて杉戸さんにしか出来ないインスタレーションを完成させました。

残念ながら会場は撮影不可。

美術手帖のサイトに展覧会の雰囲気が分かる記事が掲載されていますので、参考にしていただければと思います。

前川國男建築と呼応する「とんぼ と のりしろ」。杉戸洋が拡張させる絵画世界|美術手帖

展覧会の感想

展示室に入ってから出るまで、色々な気づきがあってワクワクしっぱなしだったのですが、特に感動したところは、展示空間全体の光と素材の使い方です。

展示室は吹き抜けになっており、大きな窓が開いているのですが、あえて窓をモダンな柄のフィルムで塞いだり、エスカレーター脇の手すりをカラフルに変更するなど、大空間にインパクトを与えるオブジェクトを次々と挿入していきます。

一方で、地下3階の展示では粗い壁に呼応するように無骨な木製の額縁にシンプルな絵画を配置し、地下2階では幾何学のタイルを荒れたテクスチャを持つ箱に並べるなど、古めかしい展示空間と作品を馴染ませながら一定のリズムを与える工夫がなされています。

散りばめられた作品も抽象と具体が混在しており、それもまた一つのアクセントを生んでいます。

こうした作業により、観客は展示作品一つ一つに対峙しその意味を考えるということに加えて、照明の色や壁のテクスチャ、観客やエスカレーターの動きまでもが、作品の一部として感じられ、展示空間と作品が響き合うように互いの魅力を高めあう関係性が生まれているのです。

本展示のメインの展示である色とりどりの釉薬を使用した常滑焼のタイルを組み合わせた作品は、その哲学を表した際たるもので、作品そのものの美しさと吹き抜けの大空間へのアクセントとして建築に溶け込んでいます。

吹き抜けスペースのソファに座って見上げる大空間は、緻密に構成された杉戸さんの世界観によって見事に緊張感のある「作品」として完成されていたのでした。

最後に!!

ちなみに本展はチケット1枚で2回鑑賞することができます。

これは会場に射す光の加減で印象が大きく変わるためとのことです。時間帯だけでなく、その日の天候や気分でも感じるものは違うでしょうし、時間を変えてもう一度行ってみようかと思いました。

本展のタイトルでもある「とんぼとのりしろ」。最初は意味深なタイトルでしかありませんでしたが、実際に足を運んでみて、「余白」から作品や展示空間を考える杉戸さんの哲学に完全に心打たれました。

皆さんも是非、杉戸さんの緊張感のある世界観を実際に味わってみてはいかがでしょうか!

名称:杉戸洋 とんぼ と のりしろ
会期:2017年7月25日(火)~10月9日(月・祝)
会場:東京都美術館ギャラリーA・B・C
住所:〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36
休室日:月曜日、9月19日(火)※ただし、8月14日(月)、9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開室
開室時間:9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
夜間開室:金曜日9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)※ただし、7月28日(金)、8月4日(金)、11日(金・祝)、18日(金)、25日(金)は9:30~21:00
観覧料:一般 800円 / 大学生・専門学校生 400円 / 65歳以上 500円
公式サイト:http://hiroshisugito.tobikan.jp/
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

杉戸洋ーこっぱとあまつぶ [ 杉戸洋 ]
価格:3024円(税込、送料無料) (2017/8/12時点)


- sponsored link -


鷹h氏 (@noaru_takahshi) の戯言

鷹h氏
インスタレーションとはどうあるべきかのお手本のような作品で、作品の普遍性と地域性のバランスについて考えさせられました。

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です