【感想】ぐるぐる回るぞ!しりあがり寿「回・転・展@練馬美術館」のシュールな世界観を体感!

IMG_6146

やあやあ、能ある鷹h氏(@noaru_takahshi)だよ。

先日、しりあがり寿さんの個展、回転展に行ってきました。

しりあがり寿さんといえば、独特のシュールで批評精神に満ちたギャグ漫画!!

でも漫画だけでなく、アートの世界でも活躍されているんです!

この展覧会は、初の美術館での個展ですが、絵画作品やジオラマ、日用品から映像まで、あらゆるものが回る、回る!漫画のシュールな世界観はそのままに、批評に満ちた面白い作品ぞろいでしたので、メモしておきたいと思います!!



- sponsored link -


しりあがり寿とは

しりあがり寿さんといえば、宮藤官九郎監督が映画化した『真夜中の弥次さん喜多さん』や朝日新聞夕刊に連載中の4コマ漫画『地球防衛家のヒトビト』で有名な漫画家です。

2001年には『弥次喜多 inDEEP』で第5回手塚治虫文化賞「マンガ優秀賞」を受賞しています。

非常にラフで一見描き殴りのような「ヘタウマ」の作風ですが、手塚治虫に「この人は実はものすごく絵がうまい人だ」と評されたこともあるとのこと!

漫画界での活躍で知られるしりあがり寿さんですが、実はアートの領域でも積極的に活動されています。

2014年春に箱根彫刻の森美術館で開催されたグループ展「ミーツ・アート 森の玉手箱」に、イチハラヒロコ氏や北川貴好氏とともに参加されていました。他にもしりあがり寿さんのイラストは@TAGBOATでも売れ筋になっているほど人気作家なのです。

そんなしりあがり寿さんの初めての美術館での個展が7月3日(日)~9月4日(日)に練馬区立博物館で開催される「しりあがり寿の現代美術 回・転・展」です。

「回・転・展」様子をレポート!!

早速回転展の当日の様子をご紹介します!

IMG_6154

入り口もちょっと斜めになっています。あと、「転」の字がぐるぐる回っています。

IMG_6159

1Fは漫画の展示になっています。

IMG_6155

<祭りの夜>デビュー当時の作品です。現在のヘタウマな絵よりもよく書き込まれていて、絵のタッチが古風でシブいですね。当時から内容は圧倒的に面白いです。

IMG_6169

<流星課長>当時サラリーマンだったしりあがり寿さんらしい、社会人あるあるをギャグ漫画化しています。

IMG_6157

<他所へ…>こういうポエティックな作品も魅力です。

IMG_6163

<弥次喜多 inDEEP>メビウス!弥次喜多の独特の世界感が現れている一コマ。

IMG_6162

<地球防衛軍のヒトビト>朝日新聞の夕刊で連載されている4コマ漫画。2002年から続いているそう。

IMG_6160

2015年の作品。最新の漫画アート。金箔がおしゃれです!

IMG_6161

<崩>墨絵のインスタレーション。落書きのようでいながら迫力を感じる大作。

続いて2階へ。

IMG_6182

2階はいきなりゆるめーしょんと呼ばれる、ゆるーいアニメがたくさんの画面で放映されています。

IMG_6177 IMG_6178

<北斎の旅>これ、5分くらいある映像作品なのですが、ついつい全部見てしまいました。意外と北斎の表情が豊かなことと、身体の動きがぬるぬるしてて面白い!!

続いてはいよいよ回転インスタレーションへ!!

IMG_6185

入り口にはおもむろにやかんが置かれています。そして、壁には「回転宣言」が。

IMG_6184

回転宣言

ヤカンが静かに回りだす

ゆっくりゆっくりくるりくるり

その姿はこのうえなく美しい

しかし回りだした瞬間、それはもう元のヤカンではない

水も汲めない、湯も沸かせない、ただ静かに存在感を放つだけの金属だ

そんな機能も目的も失ったヤカンの存在を許す場所はどこだろう

それは台所でも食堂でも金物屋でもショーウィンドウでもない

そう、それは美術館

故にヤカンは回って芸術となった

思えば回転は人類の歴史の始まりから

否この世界の成り立ちから我々と共にあり

大きく回り小さく回り

存在の根源を仄めかし、現れる諸相を巻き込み

いまや直線的な歴史の放棄を迫られた人類に

回転にこそ、その未来があるのだと覚醒を促す

素粒子が回り、銀河が回り、歴史が回り、我々も回る

グルグルグルグルグールグル♪

回れ回れ、回転に幸あれ!

2016年7月 しりあがり寿

…ふむふむ。なにかすごいことを言っているようで、なんだかよく分からないぞ。

とにかくしりあがり先生は「回転」に特別な感情をいだいているみたいだ!!ぐるぐるぐるぐーるぐる♪

IMG_6187

<回るアトリエ>2013年~2014年の作品。アトリエにあるものが全部回っています。これじゃあなんにも作業できない!!壁の静物画も回っておる!!なんかめまいがしているみたいだ!

IMG_6191

<回る歴史>個人的に面白かったのは回る歴史のアニメ。ぐるぐるぐるぐるぐーるぐる♪歴史上の人物がみんな回りながらしゃべっています。超シュール。シュールすぎる世界観。

IMG_6197

なぜか係員さんの椅子も回転しています。。

IMG_6195

個人的な歴史もぐるぐる回っております。

IMG_6204

<回る白昼夢>ゴミのようなものから、ゴミっぽいものまでグルグル回っています。ゴミがこれだけ回っているとなんか狂気を感じます。

IMG_6208

寿ナプキンも回転してました。

感想!!

さすが、デビュー30周年、数々の笑える作品で知られるしりあがり寿さんの個展。

なんかゆるいけど、どこか批評的で鋭い。おバカなのにマジメ。笑いと緊張感のバランスが絶妙で、ついつい世界に引き込まれてしまいます。

初期の漫画から通底した「しりあがり寿」ワールドが惜しげもなく披露されている展覧会でした。

そして、何と言っても圧巻なのは600点にも及ぶ物がクルクルと回転する景色!

現代アートって難解で堅苦しいんでしょ?とお思いのあなた!!この展覧会で身近な現代美術に触れてみては!!

きっとしりあがり寿ワールドに魅了されてしまうはずです!!

【基本データ】

【開催期間】2016年07月03日(日)~2016年09月04日(日)
【会場】練馬区立美術館
【住所】東京都練馬区貫井1-36-16
【電話番号】03-3577-1821
【休館日】月曜日(ただし、7/18は開館)、7/19
【開館時間】10:00~18:00(入館は閉館30分前まで)
【入場料】一般800円/高校・大学生および65~74歳600円/中学生以下・75歳以上無料、その他割引制度あり※要年齢等証明書
【公式サイト】http://www.neribun.or.jp/museum/

 


- sponsored link -


鷹h氏 (@noaru_takahshi) の戯言

鷹h氏
しりあがり寿の漫画を再読しようと誓った1日でした。

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です