【感想】『レアンドロ・エルリッヒ展@森美術館』固定概念をハックする鋭いアイディアにワクワクが止まらない!

やあやあ、能ある鷹h氏(@noaru_takahshi)だよ。当ブログの記事をお読みいただきありがとうございます。

2017/11/18(土)から2018/4/1(日)まで六本木の森美術館にて開催中の「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」展に行ってきました。

レアンドロ・エルリッヒといえば、金沢21世紀美術館のスイミングプールの作品が有名ですね。

服を着た人々が水の中に入っているように見えるこの作品。

実は深さ10cmの水が張られたガラスの下に水色の空間が広がっており、鑑賞者はその空間に入ることが出来ます。

上からプールの中を見下ろすと、そこにはまるで水に満たされたプールを覗き込んでいるように見え、一方で下からプールを見上げると、水で満たされたプールの底を歩いているように見えます。

リアルな水面があれば、人間はその下の空間も満たされているかのように感じるという固定概念を利用することで不思議な感覚を人々に与えているわけですね。

そうした常識をハックする体験型インスタレーションが彼の作品の代名詞にもなっています。この展覧会は、そんな彼の特徴が思う存分堪能できる大規模な個展です。

ちょっとしたアイディアで見慣れた世界を全く違う風景に変えてしまう空間のマジシャン。今回は、本展の魅力や感想をメモしておこうと思います!



- sponsored link -


本展の概要

まず公式サイトから展覧会の概要をご紹介させていただきます。

レアンドロ・エルリッヒは、国際的に活躍するアルゼンチン出身の現代アーティストで、日本では金沢21世紀美術館に恒久設置された《スイミング・プール》の作家としても知られています。

大型のインスタレーションから映像まで、エルリッヒの作品は視覚的な錯覚や音の効果を用いて、わたしたちの常識に揺さぶりをかけます。一見どこにでもある見慣れた風景ですが、よく見ると、水がないのに舟が浮かんでいたり、人々がさまざまなポーズで壁に張り付いていたりと、その異様な光景に観客は驚きと違和感を覚えることでしょう。自分が見ていることは果たして現実なのか、という疑いを抱くとともに、いかに無意識のうちに習慣にとらわれて物事を見ているか、という事実に気付くのです。

本展は、エルリッヒの四半世紀にわたる活動の全容を紹介する、世界でも過去最大規模の個展です。新作を含む44点の作品を紹介し、その8割が日本初公開となります。作品を通してわたしたちは、見るという行為の曖昧さを自覚し、惰性や習慣、既成概念や常識などを取り払い、曇りのない目で物事を「見る」ことで、新しい世界が立ち現われてくることを、身をもって体験することになるでしょう。

公式サイトのコメントにあるとおり、エルリッヒの過去の活動を総ざらいできる貴重な大型展覧会なのですが、今回の展覧会こそ現地で体験するべき

というのも、エルリッヒ作品のすごいところはコンセプトの鋭さはもちろんなのですが、映像や立体の作品自体もかなり繊細かつ精巧に出来ているため、自らの目で作品を体験しないとその奇妙さや違和感を五感で味わうことが出来ないのです!

さらに言えば、今回の展覧会は写真撮影自由(フラッシュ撮影は禁止、映像作品の動画撮影は1分以内の制限あり)なのですが、鏡を駆使したトリックアート的趣向の作品が多いため、インスタ映え必至です。

現実離れした不思議な写真をたくさん撮れるので、SNSで写真をシェアする楽しみ方はもちろんのこと、友達同士、カップル、家族みんなで楽しめる展覧会になっております。

展示会の様子をレポート

以下、会場の様子と気になった作品をご紹介します。

会場は森美術館。休日の夕方に訪れたのですが、隣の森アーツセンターで2018年1月8日まで開催中の『THE ドラえもん展 TOKYO』が60分待ち、レアンドロ・エルリッヒ展が30分待ちになっておりました。

53階に上がってもそれなりに混んでます。

最初の作品は《反射する港,2014》。

ゆらゆら揺れる水面。ああ、美術館に水を張ってボートを浮かべたんだなあ、よくやるなあと思って眺めていると、なんか違和感が。

あれ、よく見ると水が張られてない!水面に反射している部分も立体の造形になっている!自然な揺れによって完全に騙されていた!

実はボートの揺れはコンピュータにより計算されて制御されたもの。「ボートは水に浮かぶもの」という固定概念によって私たちの目はいとも簡単にごまかされてしまうのですね。。

《雲,2016》

パネルには雲状のプリントが施され、パネルが幾重にも重なることで本物の雲であるかのような立体感が生み出されています。

雲の写真をよく見てみるとなにかの形に似ていることに気づきます。どうやら日本、フランスやドイツといった国のようです。

《教室,2017》

部屋に入ると手前には黒い空間、奥には古い学校の教室。手前の黒い椅子に腰掛けるとあたかも奥の教室に自分の亡霊が浮かびあがっているようです。

奥の教室がとてもリアルで実像と虚像と入れ変わってしまったみたい。自分が幽体離脱してしまって、知らない世界の教室に座っている自分を客観視しているかのような不思議な感覚になる作品です。

《眺め,1997/2017》

ブラインドの隙間を覗いてみると、見えてくるのは隣人たちの生活風景。

喧嘩する夫婦、子供をあやす母親、筋トレをする男性、着替えている女性などそれぞれの生活が映し出されています。映像がとてもコミカルかつリアルでついつい長く見ていたくなります。

自分がこっそり覗き見をしているようでドキドキする一方、実はこのブラインドをあげれば自分の生活も誰かに見られている可能性があるということに気付かされます。

《部屋(監視Ⅰ),2006/2017》

5×5の計25台のモニターに映し出されている小部屋。それぞれが微妙に角度が変えられており、パースがきいたマンションの断面図のようにも見えます。

しかし、じっくり見ても映像はなにも変わりません。実はこの映像は同じ部屋を25台のカメラで写したもの。現実はこのような無数のカメラによって多角的に監視されている社会だと思うと、心強さと同時に恐ろしさを感じます。

《失われた庭,2009/2017》

窓を覗いてみると中庭の向かいになんと自分の姿が映っています。しかも、複数の窓に。

自分が覗いているのに向こうから覗かれているというなんとも奇妙な体験。どういう仕組みなのか、色々考えてみたのですが全然わかりません!

ちなみに本展覧会で一番行列が出来ていた展示が本作です。

《試着室,2008/2017》

本展で一番アトラクション的要素のあるインスタレーション。

入ってみると一般的な試着室の設え。でも鏡が入っていたり、いなかったり。どこが通過できるのか、どこが行き止まりなのか全然わかりません。試着室の迷宮に迷いこんでしまったようです。

後半はどこが出口か分からず本当に抜け出せなくなってかなり不安になりました。。。夢に出てきそうです。

《美容院,2008/2017》

まるで本物の美容院であるかのような精巧な空間。なんの違和感もなく辺りを見回してみると、あれ、鏡に違う人が映っている!なんだこれ!

よくよくみると鏡ではなくて、その奥に同じ空間が作られていました。作り込みがすごすぎて全然気付きませんでした。。。

《建物,2004/2017》

45度に傾いた鏡を利用して、寝そべった人があたかも建物の壁に張り付いているかのように見えるインスタレーション。

ある意味古典的だけれどもここまで大型で精巧な作品はないのではないでしょうか。それぞれが思い思いのトリック写真を撮影している様子を見ていると、この環境すべてがアート作品と言えそうな大型の参加型インスタレーションです。

展覧会の感想

以上、展示会の様子を抜粋してご紹介しましたが、上記の作品以外にも「あれ、なんでこういう風に見えるの?」と思ってしまうトリッキーな作品が数多く展示されています。

古くはエッシャーのだまし絵やトリックアート美術館にあるような作品のように、錯覚によって現実が違って見えるアート作品は数多く存在してきましたが、エルリッヒの作品(特にインスタレーション)はその規模と精巧さによって現実ハックの度合いが群を抜いていると感じました。

作品自体に圧倒的な没入感があるがゆえにエルリッヒの仕掛けたトリックが際立つんですよね。

いかに自分たちの現実認識が物理的・社会的な既成概念によってコントロールされているか。エルリッヒの作品に“してやられる”ことによって自らの持つ常識を見つめ直すことが出来るのですね。

本展覧会のテーマになっている『見ることのリアル』を五感を使って楽しめる刺激的な展覧会でした。

最後に!!

「レアンドロ・エルリッヒ」展は、子供から大人まで理屈抜きにワクワク出来る展示です。

SNSで面白い写真をシェアしたい人をはじめ、純粋に「ハッとする経験」を求めている人にはぴったりの展覧会だと思います。

会期は4月1日までと長期の企画展となっていますが、非常に人気の作家さんの展覧会ですので、早めに訪問することをオススメします!

名称:レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル
会期:2017年11月18日(土)〜2018年4月1日(日)
会場:森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
住所:東京都港区六本木6-10-1
開館時間:10:00~22:00(最終入館 21:30)※火曜日のみ、17:00まで(最終入館 16:30)
休館日:会期中無休
観覧料:一般  1,800円、学生(高校・大学生)1,200円、子供(4歳~中学生)600円、シニア(65歳以上)1,500円
公式サイト:http://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/LeandroErlich2017/
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「なぜ?」から始める現代アート (NHK出版新書) [ 長谷川祐子 ]
価格:885円(税込、送料無料) (2017/11/25時点)


- sponsored link -


鷹h氏 (@noaru_takahshi) の戯言

鷹h氏
常識を疑うって一言で言っても思った以上に難しくて、そのわずかな隙をアート作品に昇華できるエルリッヒさんのアイディアの切れ味に惚れ惚れしました。

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です