【感想】『くまのもの 隈研吾展@東京ステーションギャラリー』世界的建築家の“映える”建築のつくり方。

やあやあ、能ある鷹h氏(@noaru_takahshi)だよ。当ブログの記事をお読みいただきありがとうございます。

2018年3月3日(土)〜5月6日(日)まで東京駅のステーションギャラリーにて開催中の「くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質」展に行ってきました。

隈研吾氏といえば、あの新国立競技場の設計を担当している日本建築界のトップランナーとも言うべき建築家の一人ですね。

この展覧会では、これまで隈さんが約30年にわたって設計してきた約80作品におよぶプロジェクトが、 竹、木、紙、土、石、金属、ガラス、瓦、樹脂、膜・繊維の計10種の素材別に展示されています。

僕らは、建築を単独の作品と考えずに、継続する努力と考える

これは展覧会内で掲げられていた隈さんのメッセージですが、約30年をかけて建築作品が素材ごとに、時には素材をまたいでブラッシュアップされて進化していく様子が良くわかる展示会になっております。

その土地に合った素材を活用し、地域に根差しながらも誰も見たことがない建築物を創作する隈研吾氏のシャープさが存分に味わえる展覧会。今回は、本展の魅力や感想をメモしておこうと思います!



- sponsored link -


本展の概要

まず公式サイトから展覧会の概要をご紹介させていただきます。

もう一度、様々な物質と、いきいきとした会話をはじめよう ――。

国内外で膨大なプロジェクトを抱えつつ疾走する世界的建築家、隈研吾(1954 ~)。
古今東西の思想に精通し、「負ける建築」「自然な建築」などの理念を実践してきた約30 年に及ぶプロジェクトを集大成して展観します。本展では特に、隈が仕事を通じて対話を重ねてきた素材に着目し、建築設計やプロダクトデザインなどの蓄積を、時系列ではなく主要なマテリアル(竹、木、紙、石、土など)ごとに分類・整理することで、“もの” という観点から概観を試みます。“もの” の開放によって、人の感覚や意識、そして環境を媒介する建築の可能性に迫ります。
東京ステーションギャラリーにおける建築関連の展覧会は「東京駅 100 年の記憶」展以来およそ3 年ぶり、建築家の個展としては「前川國男建築展」以来じつに12年ぶりとなるこの機会にご期待ください。

建築とは、結局のところ物質である。物質と人間との会話である。世界という得体のしれない大きさなるものが、物質という具体的存在を通じて、人間と会話するのである。物質が違うと、会話の仕方も変わり、こちらの気分も大いに変わってくる。20 世紀は、コンクリートのせいで、会話は固くなり、人間の表情もずいぶん暗くなった。
もう一度、様々な物質と、いきいきとした会話をはじめよう。

――隈研吾

公式サイトのコメントにあるとおり、隈さんが一貫して設計のテーマとしているものの一つに“素材”があります。

本展覧会では建築模型や写真が実際の素材と一緒に設置されており、隈さんのイメージがより伝わりやすいよう工夫がなされています。

そして隈建築の素晴らしさのひとつが“誰にでも分かる面白さ”です。素材を一風変わった形で建築物に利用することで誰も見たことのない風景を作り出すことができるのです。

今回の展覧会は写真撮影自由。インスタレーションも模型も充実しておりインスタ映え必至。

隈さんならではのディテールに興奮する建築関係者はもちろん、新国立競技場を設計する話題の建築家を知りたい方、日本の伝統やものづくりが好きな方などなど、どなたでも楽しめる展覧会になっております。

展示会の様子をレポート

以下、会場の様子と気になった作品をご紹介します。

会場は東京駅にあります。東京駅には久々に訪れたのですが、駅前広場も完成しており、春の穏やかな空気に包まれておりました。

東京ステーションギャラリー入り口。休日だけあってそれなりに混雑しておりました。

入り口にはインスタレーション作品《つみき》が置いてあります。

最初の展示は「竹」をつかったエリア。左は《ナンチャンナンチャン,2013》韓国で作成されたパビリオンの一部です。

隈作品の中でも有名な《Great(Bamboo)Wall, 2002》。吉永小百合さんが出演したSHARP AQUOSのCMロケ地にもなっています。竹で空間が仕切られた繊細な住宅です。

続いてのエリアは「木」。日本の作品が多い印象です。

素材だけでなく、家型が何層に重なる空間構成も特徴的な《浅草文化観光センター,2012》。隈建築の代名詞でもある木のルーバーが用いられています。

梼原 木橋ミュージアム,2010刎木を何本も重ねながら、桁を乗せていく構造が特徴。表層的な木の素材感ではなく、新しい架構形式にチャレンジしています。

新国立競技場も木の架構を活かしたスタジアムの計画ですね。どのような素材感のある空間が立ち現れるのか今からとても楽しみです。

3番目は「紙」の展示。紙だけあってインスタレーション作品がほとんどですね。

4番目は「土」。レンガや左官壁のように土の質感を生かした建築作品が並びます。

《安養寺木造阿弥陀仏如来坐像収蔵施設,2002》非常にシンプルな構成ながら、レンガの壁の積み方をずらし空間に変化を与えています。

5番目は「石」。石というと単純に積み重ねるだけように思われがちですが、そうしないのが隈研吾流。近作である《ヴィクトリア&アルバード・ミュージアム ダンディ,2018》。複雑に積層された石材が空間に多様性を生み出しています。

6番目は「瓦」。瓦というと重たい瓦屋根がイメージされますが、隈研吾にかかれば、瓦ですら透明で軽い素材に変身します。上記の作品は《セラミッククラウド,2010》。

7番目は「金属」。現代の建築には欠かせない金属。無機質なイメージがありますが、使い方次第では有機的な素材感を生み出すことができます。写真は《北京 前門,2016》。アルミ押出材を用いて透明なレンガのようなファサードになっています。

8番目は「樹脂」。軽くて自由に成形出来る樹脂の特徴を生かしたプロジェクトの数々。写真は《Water Branch House, 2008》の素材。こちらは唯一自由に触ることが可能な作品です。

《浮庵,2007》ヘリウムの入った球体に薄い膜がかけられることによって詩的な空間が生まれました。

9番目は「ガラス」。ガラスは透明な工業製品と思われがちですが、隈さんはガラスの物質的な特徴に着目します。写真は《マルセイユ現代美術センター,2013》。モザイク状に重ねられた半透明のガラスパネルが強い日差しを柔らかくカットしながら内部空間に明るさをもたらします。

《Yakisugi Collection,2017》焼杉を型枠としてガラスを成形することで独特のテクスチャを持った照明です。

最後は「膜・繊維」。隈さんが今一番興味があるのは、「ふわふわとした建築」なのだそうです。目指しているのは繊維自体が構造としても成立する建築。

写真は《小松精練ファブリックラボラトリー,2015》。金属の繊維でRCラーメン構造の耐震補強を行うという挑戦的なプロジェクトです。結果として柔らかさと固さが共存した不思議な建築が生まれました。

進行中のプロジェクトである《品川新駅(仮称)》。

膜構造の屋根を用いて明るく軽やかな空間が目指されています。周辺のまちづくりも含めて楽しみです。

展覧会の感想

日本を代表する建築家・辰野金吾が設計したレンガや鉄の重厚さ際立つ東京駅で、現代日本を代表する建築家である隈研吾の軽くて柔らかい展覧会が行われているという対比がとても面白い展覧会でした。

展覧会の構成も、あえて素材別にしたことで隈研吾建築が素材によって異なる点、共通する点を比較しながら分析できるようになっています。

なによりも感動したのは、施主も国も用途も予算も工期も全く異なるプロジェクトを同時並行で進めていく隈研吾事務所が、洗練された作品をコンスタントに世へ輩出していること。

それは、隈さんに通底する明確な哲学と美意識、そしてそれらを共有しつつ高めていける優秀なスタッフ達がいるからこそ。

「建築は単独の作品ではない」なんて意欲的で夢のある言葉なんでしょうか。

最後に!!

「くまのもの」展は、美しい建築を見て心洗われたい人や、隈さんの知性に触れてハッとしたい人にぴったりの展覧会だと思います。

会期は5月6日まで、会場はそれほど広いわけでないので、空いている時間に訪問することをオススメします!

名称:くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質
会期:2018 年3月3日(土)〜 5月6日(日)
会場:東京ステーションギャラリー
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1
開館時間:10:00〜18:00、金曜日は20:00まで開館、入館は閉館の30分前まで
休館日:4月30日をのぞく月曜日
観覧料:一般(当日)1,100円 高校・大学生(当日)900円、中学生以下無料
公式サイト:http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201803_kengo.html

 


- sponsored link -


鷹h氏 (@noaru_takahshi) の戯言

鷹h氏
日本各地に隈建築たくさんあるので行ってみるとより隈さんの考えが分かるかも。

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です