【感想】ふともも=芸術?「ふともも写真の世界展@浅草橋」のネット集客力に驚愕した!

やあやあ、能ある鷹h氏(@noaru_takahshi)だよ。

 

以下のサイトを見て、

気になったので、GWのちょっと空いた時間に「ふともも写真の世界展」に行ってきました。

fotomomo

「ふともも写真の世界展」は、4/22(金)~5/15(日)まで開催される女性の“ふともも”をモチーフに作品を撮り続ける写真家、ゆりあ氏(@yuria)の個展。

会場は、2014年にオープンし「変わる廃墟 VS 行ける工場夜景展」や「ねこ休み展」など面白い展覧会を開催する浅草橋のギャラリー『TODAYS GALLERY STUDIO』です。

 

きれいでよく練られた構図のふともも写真が多く、芸術のようでいて、でもやっぱり卑猥な感じもして、春画展に行った時のようななんとも言えない気持ちになったので、会場の様子と感想を簡単にメモしておこうと思います。

 



– sponsored link –

会場の様子をレポート

会場到着!すごい混んでる。。

浅草橋駅から徒歩7〜8分くらいでギャラリーのビルに到着。

IMG_5328

ギャラリーが小さいこともあり、ビルの前は長蛇の列。。。40〜50分待ちましたかね。

IMG_5331

入り口の看板には「入場規制中」の文字が。

客層は年齢は20代〜30代が中心で、男女比は8:2くらいで男性が多かったですね。

会場はビルの5階なので、ビルの1階から5階まで階段でしばらく並ぶことになります。

女性同士で来ている人も多く、女性の太ももって人間にとってどんな対象なのかなと、並んでいる間に考えてしまいました。。

いよいよ、入場!

IMG_5333

入場口前には「ももみくじ」が!!一回100円で引けます。

ちなみに引いたら「小吉」でした。内容は恋愛、健康、失物などほぼ普通のおみくじの内容ですが、「ふともも運」なるものが。。。<溜まりやすい時、むくみに注意>とのことです。

IMG_5364

500円を払って入場すると、壁一面にふともも。。。

1000脚ものふとももに囲まれるアート空間というのが、この個展のコンセプト。壁一面のふともも写真に囲まれると、迫力が違いますね。。

IMG_5344

なんと写真撮影もオッケーで、SNSへの転載も問題ないとのこと!

IMG_5349

みなさん、こぞって写真撮影をしておりました。。

色々なシチュエーションのふとももが!

IMG_5335

写真は結構ランダムに色々な服装の女性のふとももの写真が展示されています。

IMG_5337

写真にして改めて見るとかなり扇情的に見えますが、会場で見る限りは健康的な感じです。

IMG_5360

「この写真ヤバい!」と男子高校生たちが、それぞれにふとももの写真を指差しながらきゃっきゃしている。。

IMG_5362

バルコニーには等身大ほどのふとももが。。かなりドキッとします。

IMG_5375

会場横にある個室空間には、ふともも写真が天井にまで貼られています。思春期男子の妄想が具現化したような濃密なふともも空間が展開されています。

IMG_5379

クリアファイルや写真集、ポストカードなどグッズ販売も充実してますよ!!

展覧会の感想

小さい会場ながら一面に貼られた写真は見ごたえ十分です。会場からなかなか人が出て行かないので、入場規制もされるわけですな。以下、展覧会をみて考えたことです。

ふとももの写真は猥褻?アート?

IMG_5365

若い男性たちがこぞって展示されているふともも写真を撮り続けている光景は、下心が見え隠れしており、どう考えても卑猥だろと断じることもできそうですが、女性のお客さんも多数来ていることから考えるとそれだけではない”何か”があるような気もします。。

”ふとももだけにフォーカスする”という一貫した哲学で撮り続けたことによって、アートとして周りから評価されることがこの展覧会の面白い点ですよね。

おじさんが女性のふともも写真ばかり撮り溜めてその写真展を開いたら、完全に”変態”と貶されるけど、美しい風景を撮影するように、構図や光などこだわり抜いて撮影したふともも写真には”美”が宿るのかなと思いました。

単にスタジオで撮影された写真ではなく、学校、オフィス、公園、家など、日常生活の中で目にするハッとするシチュエーションを繊細に切り取っている点も、”芸術性”を高めているポイントなんでしょうね。

同じ対象物の写真でも作者によって哲学が宿るんだなあと、改めて感じました。

つまり、卑猥なのか芸術なのかは、作者の気持ち次第というか。。観客の気持ち次第なところもある気がしますが。。

 

最後に!!

IMG_5381

ふとももフェチな男性諸氏はもちろんのこと、ふとももにそこまで興味がない人でもあっても、純粋に美しいものを観れるので、日々の日常に疲れた人は行ってみると癒されるかもしれませんよ!

そして、こんなに小さな展覧会にこれほどの人が押し寄せるとは、ネットの集客力ってすごいなと改めて感じた1日でした。。

開催日時: 2016年4月22日 (金) 〜 5月15日 (日) 11:00~19:00
会場: TODAYS GALLERY STUDIO(東京都台東区浅草橋5-27-6 5F)
入場料: 500円 / 3歳以下は入場無料
休館日: 毎週月曜日※ただし5月2日(月)は開館
公式サイト: http://www.tgs.jp.net/girlsart2.html


- sponsored link -

鷹h氏 (@noaru_takahshi) の戯言

鷹h氏
おじさん率がそれほど高くなくて安心しました。。

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です