【感想】『驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ@三井記念美術館』が細かすぎて伝わらないカミワザ選手権。

やあやあ、能ある鷹h氏(@noaru_takahshi)だよ。当ブログの記事をお読みいただきありがとうございます。

2017/9/16(土)から12/3(日)まで日本橋の三井記念美術館にて開催中の「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」展に行ってきました。

この展覧会は、2014年に開催した「超絶技巧!明治工芸の粋」の続編という位置付け。前回は、海外に流出し近年日本に戻ってきた明治工芸を再評価することを目的として開催されました。

明治工芸は七宝、金工、漆工、木彫、自在、陶磁、刺繍絵画など多岐にわたり、そのどれもが職人の魂が込められた美しい芸術品となっています。その後「超絶技巧」というパワーワードは様々な展覧会で使われるようになりました。

本展はその位置付けをより拡大し、明治工芸だけでなく、現代アーティストの超絶技巧を駆使した作品を並列・対比して展示される内容になっています。どの作品もマジでクオリティ高いです。

今回はブロガー向けの企画イベントであるブロガーナイトに参加してきましたので、本展の魅力や見どころ、感想をメモしておこうと思います!企画いただいた皆様、本当にありがとうございます。



- sponsored link -


本展の概要

簡単に展覧会の概要をご紹介します。

まず本展監修の山下裕二・明治学院大教授のコメントを公式サイトからご紹介させていただきます。

近年、明治工芸に対する注目度が急速に高まってきました。七宝、金工、牙彫、木彫、 漆工、刺繍絵画など、これまでアカデミックな美術史の世界では等閑視されてきた、おもに輸出用としてつくられた工芸作品が里帰りして、多くの人が瞠目するようになったのです。2014年から翌年にかけて、東京の三井記念美術館を皮切りに全国6会場を巡回した「超絶技巧!明治工芸の粋」展は、そんな明治工芸再評価の機運を盛り上げるための画期的な展覧会でした。以後、「超絶技巧」というキーワードは広く浸透し、もはや美術の世界における流行語となった感すらあります。

このたび、その続編ともいうべき、「驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ」展を開催します。前回に引き続き、村田理如氏による清水三年坂美術館のコレクションを中心として、さらに近年各所での調査によって確認された明治工芸の素晴らしい作品もあわせて展示します。

そしてさらに、明治工芸を産み出した工人たちのDNAを受け継いで、超絶技巧プラスαの機知に富んだ現代作家の作品も多数展示します。彼/彼女らの多くは、いまだ一般的な知名度はほとんどありませんが、100年後、200年後にその作品がたしかに評価されるにちがいないと思います。

この展覧会では、アカデミックな美術史における評価とも、いわゆる伝統工芸のヒエラルキーとも無縁の、明治工芸と現代作家のコラボレーションが実現します。日本人ならではの超絶技巧のDNAがどのように引き継がれているのか、ぜひ注視していただきたいと思います。

山下教授のコメントにあるとおり、明治工芸におけるアカデミックな美術史と気鋭の現代作家の作品を知れる面白いコンセプトの展覧会なのですが、今回の展覧会に限っては、コンセプト云々を語る前に実物を見てほしい。これに尽きます。

今回の開催に当たって参加した現代作家は15人。展示作品はほぼ新作で、どれを見ても理屈抜きに感動できる、驚くべき技術を持った職人が丹精込めて制作した作品がずらりと並んでいます。

今回のイベントでは特別に写真撮影が許可をされていましたが、通常の会期中は写真撮影不可ですのでご注意を!

展示会の様子をレポート

以下、会場の様子と気になった作品をご紹介します。

会場は三井記念美術館。日本橋三井タワー、三井本館7階にあります。

入り口の前室には2点の作品が置いてあります。こちらは撮影可能な作品となっています。

初代宮川香山《猫二花細工花瓶》。立体的に装飾された花瓶。花びらの柔らかさや猫の躍動感が見事に表現されており、陶器とは思えない臨場感です。

その隣に展示されるのは、高橋賢悟《origin as a human》。生の花(ワスレナグサ)を石膏で型を取りアルミで鋳造して制作した彫刻。花のリアルさに魅かれる作品です。40000から50000の花の型取りを行ったのだとか。くうう、お疲れ様です。

このようにこの展覧会では、新旧の作品が区別されずに並列して展示されるという構成になっています。

続く展示室1も重厚な空間。三井本館は、1929年に竣工し、昭和初期の日本を代表する重厚な洋風建築として、1998年に国の重要文化財に指定されています。ここは元々食堂だった場所でした。

春田幸彦《有線七宝錦蛇革鞄置物「反逆」》。こちらはヘビ革製のバッグのように見えますが、七宝焼の置物です。革の部分は銅により形作られています。タイトルが「反逆」というだけあってヘビの頭がこちらを睨んでいて怖いです。

前原冬樹《一刻:皿に秋刀魚》。なんてリアルな食べかけのサンマ!と驚くのはまだ早い。なんと、細かい骨から皿までが一本の木から彫りだしたものなのだ!!

この白いお皿の部分もかすかにサンマとつながっており、一体の木で作られています。着色は油絵の具。細い骨の部分でブリッジされているということですね。。。どうやって作ったんだ。。。

稲崎栄利子《Arcadia》。七宝焼で作られたこのオブジェ。焼き物の細かさが半端ない。

粘土のパーツをくっつけて焼くというシンプルな作業でありながら、この繊細さを維持して焼成するためには湿度が大敵なので、湿度を保ちながら完成まで乾かさずに8ヶ月。ゆっくり乾燥させて8ヶ月。それから焼成という工程になるのだそうです。

完成まで全部で1年半以上かかっています。この根気こそが超絶技巧の作品を生み出すわけですね。。。

橋本雅也《ソメイヨシノ》。この美しいソメイヨシノの彫刻。実は鹿の角で出来ています。

知り合いの猟師が仕留めた鹿を使って、その肉を食べ、作品を作るという工程を踏んでおり、死と再生、アミニズム的なテーマを持つ作品ですが、1本のシカのツノから自然なソメイヨシノの形を製作するのは並大抵の技術ではないと感じます。

展示室2には展示会のポスターにも使われている、安藤緑山《胡瓜》が展示されています。象牙で出来たキュウリ。ツルの細さ、葉っぱの薄さ、質感含め、超リアル。「作品を壊さずに展示するのが怖かった」とのコメント。たしかにこれはすぐに壊れてしまいそうな繊細さです。

実は、安藤緑山は生没年が確定しておらず、墓の所在地も不明なのだそうです。「名前よりも後世に残る作品を作り続けたところに感銘を受ける」と山下教授のコメントが印象的でした。

展示室3如庵に展示されているのは、橋本雅也《タカサゴユリ》。先ほどのソメイヨシノを製作した作家さんです。如庵の厳かな雰囲気にぴったり。

展示室4には現代作家の作品はなく、七宝・漆工・木彫・陶磁といった明治工芸の作品が並べられています。

並河靖之《鳳凰龍図花瓶 一対》。日本の七宝の発展に大きく貢献した並河靖之の作品が多く展示されています。その繊細さはまるで日本画のようです。

赤塚自得《四季草花蒔絵堤箪笥》。豪華絢爛な箪笥。繊細な描写、余白と金地、白地のバランス。家に置いておいたら幸せになれそうなクオリティ。

藪明山《菊尽し茶碗》。色とりどりの菊が所狭しと描かれた茶碗。内側と外側の絵柄がシームレスにつながっているところもポイント。この細密さに惚れました。

安藤緑山の牙刻シリーズ。パイナップル、タケノコ、柿など、どれも精巧に作られています。

安藤緑山の作品は、前回の展覧会では30数点の中から展示を行っていましたが、今回までに新たな作品を探し、国内外から全部で85点見つかったとのこと。今回展示の作品も新たに見つかったものです。

レントゲンで調査したところ、内部で各パーツを金属のネジで止めているなど制作技法が明らかになってきたそうです。

続いて展示室5では可動式の工芸作品と、金工の作品が展示されています。高山好山《十二種昆虫》。リアルな可動式フィギュアです。

満田晴穂《自在十二種昆虫》。現代作家が新たに制作した昆虫。よりリアルな可動ができるようになっており、明治工芸を超える精巧さが実現されています。

瓢型一輪生《山田宗美》。一見普通の花瓶ですが、なんと一枚の板を叩いて制作されたものなのだとか。これは説明を聞かないと分からない超絶技巧ですね。。

最後の部屋である展示室7は現代作家の展示となっています。前原冬樹《一刻:有刺鉄線》。

先ほどの食べかけのサンマを作った前原さんの超絶技巧作品。当然こちらも一木づくりです。有刺鉄線をなぜ一木で作るのか。その問いはこの作品を前にして意味をなしません。誰も到達できない難易度に挑戦したい、純粋に技で人を驚かせたい、おもしろがらせたいという職人気質の表れだと感じます。

臼井良平《Untitled(Soda crushed,Blue cap bottle)》。こちらも一見するとなんの展示だかわかりません。ただのペットボトルじゃないの?なんとこちらはガラスで出来た作品です。気泡もわざと入れています。

この作品も素材の使い方により新しい表現に挑戦しようという野望を感じる意欲作です。

展覧会の感想

以上、展示会の様子を抜粋してご紹介しましたが、上記の作品以外にもたくさんの「えっ?これ本当に人の手で作ったの?」と思ってしまうような作品が数多く展示されています。

普通の人の感性からすると「なんでそんな大変なモノをわざわざ時間と手間をかけて作るの?」と思ってしまうかもしれません。だって、超絶技巧を駆使しなくても、そこそこの作品を作れば売れると思いませんか?

明治工芸は、江戸から明治への転換期において、大名家というパトロンを失った職人たちが、明治政府が推し進めた国策を追い風に、海外へ向けて製作したものです。

明治工芸が超絶技巧に走った理由を遡ると、江戸時代に贅沢を禁止する令がたびたび出ていたことが挙げられます。職人はそうした制約の中で技術を磨くため、一見地味に見えて実は豪華という粋な作品をつくってきたわけです。

明治工芸は、海外ウケをするように派手でキャッチーな表現にシフトしつつも、江戸時代に培われた技が確かに受け継がれており「粋な作品」が多く残っていると考えられます。

「手間をかける=職人の粋」なわけですね。そこに職人のプライドが存在するのです。しかしながら、その後、超絶技巧の作品は明治以降、廃れてしまったかのように思われていました。

でも、今回参加した現代作家さんの作品は、間違いなく「超絶技巧」であり、作品から「誰も真似出来ないことを自分が成し遂げたい」という強い意志がひしひしと伝わって来るモノばかりでした。明治時代に確かに存在した職人スピリッツがしっかりと継承され息づいていたのでした。

今回紹介されていた現代作家さんたちは、山下教授が足繁く小さなギャラリーや美術館に通って出会った、まだまだ世間的な認知度が低い方々だと言います。

確かに彼らの作品は、近年の現代美術界で流行っているようなコンセプチュアルアートやインスタレーションとは真逆の方向をいくような、旧来然とした美術作品です。

でも、一つの作品に1年半をかけて制作するような途方も無い作業を平気でやってのける素晴らしい才能が埋もれてしまうのは悲しい。これからもっと注目を集めて、評価される時代になってほしい。

そのためには日本でも現代アート・工芸に注目が集まって、江戸時代や明治時代のようなパトロンが存在する世の中になってほしいなと感じたのでした。

最後に!!

「驚異の超絶技巧!」展は、大人から子供まで理屈抜きに楽しめる企画展です。

ただし作品は細かすぎるが故に伝わりにくい場合もありますので、その凄さを実感するためにも、単眼鏡を持参することをお勧めします!

またザーッと眺めていると作品の凄さがわからない場合もあるので、作品の解説を見ながらじっくり鑑賞することをオススメします。

いよいよ、夏が終わり、芸術の秋の到来です。まずは「驚異の超絶技巧」で芸術作品が放つパワーを体感してみてはいかがでしょうか!

名称:驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-
会期:2017年9月16日(土)〜2017年12月3日(日)
会場:三井記念美術館
住所:東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号 三井本館7階
開館時間:10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)(※毎金、9/30は19:00)
休館日:月曜日 ※10月10日(火)は休館、※9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開館
観覧料:一般 1,300円、大学・高校生 800円、中学生以下無料
公式サイト:http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/

- sponsored link -


鷹h氏 (@noaru_takahshi) の戯言

鷹h氏
人間の手先ってここまで器用になれるんだなと本気で思いました。

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です