閉館まであとわずか!「神奈川県立近代美術館 鎌倉館」にお別れをしてきた。

IMG_4615

鎌倉の鶴岡八幡宮の境内に坂倉準三設計の「神奈川県立近代美術館 鎌倉館」があります。

この建物、2016年1月で一般公開を終えてしまうそうなのです。美術館としての鎌倉館閉館については以下の発表が出ています。

神奈川県立近代美術館 鎌倉(略称:鎌倉館)の閉館に際しまして

国史跡に指定された鶴岡八幡宮境内では、史跡にそぐうもの以外の現状変更が認められず、老朽化が顕著になったこの建物では美術館として改修する事が難しい、と言うのが正式な理由だとの事。

近代建築の名作中の名作。建築学科時代に何回も見に行った建物。この建物に入れなくなってしまうなんて。。。さみしすぎる

展覧会としての一般公開は1月31日まで。4月以降は美術館としては一般公開をやめてしまうかもしれない建物である「神奈川県立近代美術館 鎌倉館」へのお別れを告げに鎌倉に行ってきました!!



– sponsored link –

展覧会の概要

DSC_0309

『鎌倉からはじまった。1951-2016 PART 3:1951-1965 「鎌倉近代美術館」誕生』

会場:神奈川県立近代美術館 鎌倉/鎌倉別館

期間:10/17-2016/1/31

鎌倉館の展示

鎌倉別館の展示

当日の様子をレポート

それでは訪問した日の様子を簡単にご紹介します。

DSC_0308

エントランス。大階段の中心に立つ一本の柱が印象的。

DSC_0311

当日は大盛況の美術館。

IMG_4587

階段の手すりが地面から少しだけ浮いて、切り離されている。

IMG_4596

2階のテラスから中庭を望む。

IMG_4591

中庭。イサムノグチの彫刻で記念写真を撮る人たち。

DSC_0312

2階から1階ピロティに降りる階段。

IMG_4599

くの字に曲がった手すりがなんとも洒落ている。

DSC_0314

大きな上部ヴォリュームを細い繊細な柱で浮遊させるような建築。

DSC_0315

この岩の下に基礎があるのだそう。こういう気遣いがニクい。

DSC_0322

天井が水面を反射した光に照らされてとても綺麗。

DSC_0324

ピロティの天高と上部ヴォリュームのスケール感。

IMG_4612

鎌倉館へのメッセージカード。鷹h氏も書きました。

IMG_4614

終了まであと16日!!

最後に!!

所蔵品の展示も見ごたえありますが、初期の頃の展覧会ポスターや鎌倉館の模型や図面、家具の展示も必見です。

かなり人で混み合っておりました。展示も行列が出来ていてゆっくり進んで行く感じです。皆さんがお別れにきているようです。

一般公開は後少し。本館棟自体は、保存されるそうなので、外観は見ることができると思いますが、中に入るのは難しいかもしれません。

モダニズム建築の「傑作」保存へ 近代美術館鎌倉館本館

ありがとう!!神奈川県立近代美術館 鎌倉館。


- sponsored link -

鷹h氏 (@noaru_takahshi) の戯言

鷹h氏
やっぱり名建築はこだわり抜いて設計されているので、尊敬の念を抱くとともに、自分もしっかりしなきゃと勇気付けられる気持ちになりますね!!

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です